田舎暮らしの人気は、沖縄県、北海道に続いて長野県、有名人も多い。

 

 

 

田舎暮らしは

 

海外とは違って、あまりリスクがないのが日本の田舎暮らしです。

 

これも老後の暮らし方の選択肢として人気があります。

 

それぞれの県で誘致作戦が盛んになり始めています。

 

若者が都会に出て行って、人口が減り、廃村などが増えてきて

困っている地方では、団塊の世代が一斉に会社を退職し、

 

第二の人生はできれば自然豊かで空気のきれいな田舎でのんびり、

人間らしく生きていきたいというブームにあやかろうという

試みが強まっています。

 

そういえば、有名人の田舎暮らしも結構目立っています。

 

日本人初の宇宙飛行士、秋山豊寛さんは

 

日本人初の宇宙飛行士、秋山豊寛さんは

福島の滝根町で農業をやっているそうです。

 

女優の丘みつ子さん(トライアスロンやマラソンをやっていた)は、

陶芸をやって箱根に住んでいるそうです。

 

俳優の菅原文太さんは、岐阜県の飛騨のほうに住んでいますね。

 

スポンサーリンク

 



 

 

これらほんの一例ですが、・・・

 

いまやひとつのブームにもなってきた

「田舎暮らし」ですが、団塊の世代の大きなうねりの中で、

これを目当てにした誘致の動きが全国に広がっています。

 

その動きの一例をあげてみましょう。

 

団塊の世代が移住したい希望者の

人気の高いところは、沖縄県、北海道に続いて長野県

なっているようです。

 

その長野県では、団塊の世代を中心とする田舎暮らしの

希望者を全国から呼び込もうと、希望者の相談に応じる

「田舎暮らし案内人」を任命して、

誘致に本腰を入れています。

 

長野県では、高齢者や少子化の進行で人口の急激な減少が

予測されるので、移住を促進して地域の活性化に

つなげたいとの狙いがあります。

 

「田舎に住もう、信州へ行こう!」というかけ声のホームページでは、

まず、田舎に暮らす「住宅探し」、「仕事探し」、「生活環境」、

「家庭菜園」などの相談に気軽にのっています。

 

これには県の関係部局、市町村、民間企業、宅建業界などが連携して、

「田舎に暮らし」をサポートしています。

田舎暮らし案内人までおります。

実際に住まう物件を見たい人には、土日も「田舎暮らし案内人」がついて、

物件やその周辺の環境などが確認できるようになっていますので、

参考にしてみてはいかがでしょう。

 

 

引用文献

61才から始める 老いても枯れない生き方

著者 日向野 利治

77歳やっさんブログを

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク

 



Follow me!

タイトルとURLをコピーしました