団塊世代田舎暮らしはバラ色か?村人の温かさ、自給自足ができる魅力がある。

 

 

 

田舎暮らしはバラ色か

 

田舎暮らしはバラ色かと言われれば、

確かにいいことも多いですが、

そればかりではないでしょう。

 

都会で当たり前だったことが、田舎ではそうはならない、

ということも知っておかなければならないです。

 

まずは「メリット」からいきましょう。

 

田舎は何と言っても都会にはない大自然があります。

アスファルトとビルに囲まれた無機的な空間ではなく、

四季折々に見られる山や川、緑、光があります。

 

晴耕雨読もよし。農業で汗も流せるし、魚釣りや、家庭菜園や、

ゴルフに山歩きと、サイクリングなど、健康的な毎日が暮らせそうです。

 

なんといっても水と空気がよいというのは、

人間が生きていくうえでは欠かせないものです。

 

加えて、村の人たちとの交流は都会のよそよそしさではなく、

日常的に会話ができる温かいつながりを築いて、

なにかあったときにも、お互いに助け合える関係が築きやすいのです。

 

すでに、村には総合扶助の組織ができ上がっております、

そこに進んで参加することで、

自分もそのメリットが受けられることになります。

 

スポンサーリンク

 



 

 

今度はデメリット」です。

 

田舎に行って気づくことかもしれませんが、元気なときは良いにしても、

体に不具合があれば、とたんに気づくことがあります。

 

それは病院です。都会は人がたくさん集まります。それに合わせて、

大学など高度の医療を提供する施設が完備されていますが。

田舎は人が少ないので、そのような施設は成り立たたないため、

いざ大病になったら、診てもらうところが近くにない。

 

あっても、質の低下は避けられない、これは大きなことなのです。

田舎は完全な「車社会」ですから。

 

自分が車を運転できなきれば、病院にも買い物にも行けないのです。

 

これは体を悪くしてはじめてわかることです。

 

それでは村の人が助けてくれるかと言えば、急場のときは可能であっても、

日常的に応援してもらうことはできないのです。

 

また田舎に住むと世間が狭いので、家の中の細かい事情まで

見みぬかれているというストレスを感じて、

都会に逃げてかえる人もいるようです。

 

引用文献

61才から始める 老いても枯れない生き方

著者 日向野 利治

77歳やっさんブログを

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク

 



Follow me!

タイトルとURLをコピーしました