病気になるのは脳幹機能が弱っている為の症状、これを改善する方法

見本市ブログです。

今回は

株式会社 オカヤマをご紹介いたします。

株式会社 オカヤマはこの展示会に4日間出展されました。

脳幹トレーニング研究所で

脳幹トレーニングの方法を教えてくださいました。

 

 

スポンサーリンク



脳幹機能が弱るとどうなるか

 

ガン・低体温・無表情・無気力・自律神経失調症・自閉症・登校拒否

・過食・摂食障害・アトピー性皮膚炎・花粉症・アルコール依存症

・車酔い・船酔い・高山病・同性愛・性欲減退・結婚願望の喪失

・等脳幹機能が弱っている為に起きた症状です。

 

その他、瞳に耀きがない・姿勢が悪い・行動力が無い
・へ理屈が多い等脳幹虚弱の特徴であると思われます。

 

同じように脳幹トレーニングを行っても、短時間で素晴らしい
変化が起きる場合もありますが、すぐに変化が起きない場合もあります。

 

ガンで、抗がん剤や放射線の治療を行っている人の場合には、
脳幹機能が低下している為に、機能回復に時間がかかります。

 

糖尿病でインシュリン依存期間が長い場合には、なかなか変化しません。

 

アトピー性皮膚炎で、副腎皮質ホルモンを使っている
場合には、やはり回復までに時間がかかります。

 

同じ病気で、同じトレーニングを行っても、人によって全く効果が違うのです。

 

なかなか満足のいく結果が出ない人は、1時間でも2時間でも3時間でも、
満足する結果が現れるまでは、クッションの上に乗り続けてください!

 

座る時には、脳幹クッションの上に何時間も座り続ける事です。

 

脳幹クッションの上に立つか、座るか脳幹クッションの
上に乗る時間が長ければ長いほど結果の現れ方が違います。

 

これが、私のいつも言っている言葉です。

 

 

スポンサーリンク



 

 

時々、1日に10分くらいしか乗っていないという人がいますが、言葉を失います。

 

同じように脳幹クッションを購入しても、使わなければ
満足のいく結果はありません。

同性愛・性欲減退・結婚願望の喪失など、完全なる脳幹虚弱
であると思います。

 

このような症状がある人は、自分の脳幹を鍛えてみれば、その結果に
驚かれるはずです。

 

但し、低体温の人で第二の心臓と呼ばれている脹脛が細い人の場合には、
血液の循環がスムーズにいかないので、なかなか体温は上がりません。

 

 

原因があっての結果です。

 

 

何でも、脳幹を鍛えれば解決するというものではありません。
脹脛の細い人は、積極的に階段や山道を登り下りして、

脹脛と呼ばれるポンプを鍛えて太くしなければ、冷え性の根本的な
原因を解決する事はできません。これが道理であります。

 

アレルギーの人が徐去食をしていますが、それは間違いです。
毒を食べて、アレルギー症状を引き起こしている訳ではないのです。

 

他の人は、同じ食べ物を食べてもアレルギー症状を引き起こさない
という事を引き起こさないという事を認識する必要があります。

 

食べ物が悪いのではなく、アレルギー症状を引き起こす自分の体に
問題があるのです。根本的な原因は、脳幹機能が弱っているだけです。

 

脳幹を鍛えて、脳幹機能を回復させる事です。

 

一時的に症状が治まる対症治療とで満足できる人には、何も言いたくありません。

 

免疫力が低下している為に病気になる。免疫力を上げる為の健康食品を
飲むだけで、免疫力が低下した原因を考えようともしない。

 

5000個のガン細胞ができても、何故、ガン細胞が増殖しないのか?

その理由を、詳しくは知りたいと思う人がいないのは、何故?

 

ガン細胞ができる最大原因は、

 

①食生活である。ガン細胞が増殖する最大原因は、

②脳幹虚弱である。

 

ガン細胞を作らない為には、

 

①食生活を正す事であり、

②増殖するガン細胞を消去する為には、脳幹を鍛えて、
脳幹機能を正常な働きに戻すことであると思います。

 

 

スポンサーリンク

 



 

 

引用文献

・惚れ惚れウンコの素製造販売
・体幹トレーニング用NKクッション製造販売

株式会社オカヤマ
脳幹トレーニング研究所

代表取締役社長 岡田 恭一 著書

詳しくはこちら

 

見本市ブログを
最後までお読みいただきありがとうございました。

Follow me!

タイトルとURLをコピーしました