病気にならない体には 酸性米から弱アルカリ性のピロール米に変える

こんにちは

見本市の出展者を応援している
見本市ブログです。

今回は

株式会社 オカヤマをご紹介いたします。

株式会社 オカヤマはこの展示会に4日間出展されました。

脳幹トレーニング研究所で

脳幹トレーニングの方法を教えてくださいました。

 

 

スポンサーリンク



米は酸性である

 

百科事典など、専門書にも『米は酸性である』としかかかれていない。

 

二木謙三博士は「酸性食品を食べることによって血液がアルカリ度が
不足すれば、アルカリを体内から補充しなければならないが、
アルカリ度がたりていれば体内に蓄積されている。

 

酸性の肉を食べても血液が酸性にかたむかないのは、骨や歯を溶かして
アルカリ元素のカルシュウムを補充している為である。

 

海外の骨粗鬆症の診療ガイドライン『骨粗鬆症、診断・予防・治療』では、
砂糖や動物性食品はCaを奪う骨泥棒とされており、骨粗鬆症の予防のために
アルカリ性食品の摂取を言及している。

 

超長寿者の多い地域の共通点は、Caの多い土地に住んでいることである。
毎日、Caの多い硬水を飲み、Caの多い作物を摂取している。

 

日本は火山地帯の為、Caの少ない土地で、Caの少ない軟水です。

 

野菜にもCaが少なく、米は酸性だ。歯形から臼歯20本の割合から
考えれば、主食の米が、酸性のこめであるかアルカリ性の
米であるかは大変に大きな差がでる。

 

 

スポンサーリンク

 



 

 

玄米菜食で、酸性の肉・魚を排除しても玄米が酸性なら全体では酸性になる。

 

弱アルカリ性ピロール米+野菜海藻(アルカリ占有率100%)ピロール米は、
CaMgを多く含んだ弱アルカリ性の米です。

 

(B12を含有する)30年以上の分析データがあります。

 

ピロール米は、【全国米・食味分析鑑定コンクール
・国際大会】において、度々金賞を受賞しています。

 

 

ピロール米は、こちら

 

 

土壌中に眠る藍藻を増殖させることで、CaMg・亜鉛等を
2030%多く吸収した健全な作物に育ちます。

 

日本人の主食である米が、酸性であるかアルカリ性であるかという事は、
毎日食べ続ける主食であるだけに、大変に大きな差が出てくるのです。

 

玄米菜食を実行して、酸性の肉・魚を完全に排除したとしても、
主食の米が酸性なら、食事全体としては酸性になります。

 

同じように玄米菜食を実行しても、ヨーロッパと
日本で結果が違うのは元素の含有率の違いです。

 

特にカルシュウムの含有率には大きな違いがあります。
土壌中Ca含有量(日本0,63%・英国3,83%・仏国4,1%)
水分中Ca含有量(日本8,8ppm・ヨーロッパ全土31,1ppm)

 

日本人とヨーロッパ人とヨーロッパ人との身長の違いは
土壌や水分中のカルシュウム含有率の差であります。

 

 

スポンサーリンク



 

 

引用文献

・惚れ惚れウンコの素製造販売
・体幹トレーニング用NKクッション製造販売

株式会社オカヤマ
脳幹トレーニング研究所

代表取締役社長 岡田 恭一 著書

詳しくはこちら

 

 

見本市ブログを
最後までお読みいただきありがとうございました。

Follow me!

タイトルとURLをコピーしました