チバニアン見学会 現地の写真撮影 civanian kigakuki genchino shamisana

チバニアン見学会 現地の写真撮影

チバニアン見学会の写真撮影  現地まで案内にしたがって向かう途中の参加者

チバニアン見学会 現地の写真撮影 civanian kigakuki genchino shamisana

チバニアン見学会 現地の写真撮影

チバニアン見学会の写真撮影 茨城大学教授 岡田誠教授の現地調査など何度となく現場を訪れたこれまでのご苦労などをお話をされました。現地では参加者に詳しくご説明をして頂きました。


病気にならない体は、免疫力を回復させ・脳幹機能を鍛える事です。

こんにちは

見本市の出展者を応援している
見本市ブログです。

今回は

株式会社 オカヤマをご紹介いたします。

株式会社 オカヤマはこの展示会に4日間出展されました。

脳幹トレーニング研究所で

脳幹トレーニングの方法を教えてくださいました。

 

 

 

スポンサーリンク



 

 

脳幹に対する刺激

 

 

健康食品や玄米菜食の実践をしても良い効果がでないのは、
脳幹に問題があると思われるます。

 

食生活の改善で血液はキレイになりますが、ガン細胞を
自滅させる役目は脳幹の働きです。

 

脳の中心で、巨大な脳を支えているのが”脳幹”です。

 

脳幹は、系統発生学的に「最も古い脳」であり、
心臓を中心とした血液循環・血圧調節・体温調節
・血糖調節・水分調節・呼吸・嚥下といった
”生命活動の基本を司る中枢であり、神経の伝導路です。

 

脳幹は、別名」「動物脳」と呼ばれ、生きようとする
本能(行動力)を司っています。

 

脳幹は、自律神経など、全ての神経をコントロールする免疫力の
指令塔であります。東洋医学では、針・指圧・刺絡療法など、
ツボを刺激する方法を用いて、自律神経の調節をして免疫力を
上げる治療法が行われますが、それは、脳幹に対する刺激です。

 

笑い療法・その他、各種の治療、そして心肺停止の人に行う
AEDなど、それぞれ刺激方法・刺激の強弱は違いますが、
それは、脳幹に対する刺激を行っているのです。

 

ハードディスクが弱るとパソコンの動きが停止するように、
人間の脳幹が弱ると、免疫力が弱ってしまうので、
病気が直せなくなります。

 

人間の意思で自由にできない機能は、脳幹の働きによって
コントロールされています。

 

ガン・低体温・無表情・無感動・無気力・自律神経失調症
・自閉症・登校拒否・過食・摂食障害・アトピー性皮膚炎・花粉症
・アルコール依存症・車酔い・船酔い・高山病・同性愛・性欲減退
・結婚願望の喪失・等は、脳幹機能が弱っている為に起きた症状だと思われます。

 

体には、特別に大きな問題はないが、感情表現が乏しい、生き生きとした
表情の明るさがない・瞳に耀きがない・姿勢が悪い・行動力が無い
・へ理屈が多い・などは、脳幹虚弱の特徴です。

 

 

スポンサーリンク



 

 

体を動かす生活をすれば脳幹は脳幹は鍛えられて、
脳幹(免疫力)は正常に機能します。

 

体を動かす生活を止めれば脳幹は弱ってしまい、
やがて病気になるか死ぬのです。体を十分動かしていれば、
脳幹(免疫力)は正常に機能しますので、怪我や病気に
なった場合は、脳幹(免疫力)の機能により、自分で直します。

 

怪我や病気が直りにくい人は、脳幹(免疫力)が
正常に機能していない証拠です。

 

あなたの脳幹は、何%機能していますか?脳幹機能の違いが、
免疫力の違いです。同じ事を実行しても脳幹機能の違いで結果が違います。

 

 

スポンサーリンク



 

 

引用文献

・惚れ惚れウンコの素製造販売
・体幹トレーニング用NKクッション製造販売

株式会社オカヤマ
脳幹トレーニング研究所

代表取締役社長 岡田 恭一 著書

詳しくはこちら

 

見本市ブログを
最後までお読みいただきありがとうございました。

 

PAGE TOP