チバニアン見学会 現地の写真撮影 civanian kigakuki genchino shamisana

チバニアン見学会 現地の写真撮影

チバニアン見学会の写真撮影  現地まで案内にしたがって向かう途中の参加者

チバニアン見学会 現地の写真撮影 civanian kigakuki genchino shamisana

チバニアン見学会 現地の写真撮影

チバニアン見学会の写真撮影 茨城大学教授 岡田誠教授の現地調査など何度となく現場を訪れたこれまでのご苦労などをお話をされました。現地では参加者に詳しくご説明をして頂きました。


病院に入院したら、特効治療や特効薬探しは、そろそろやめましよう

こんにちは
見本市ブログです。

 

私はかかりつけの医院で誕生月の健康診断で
大腸ポリープが見つかりました。

 

そこは入院設備が無いために院長先生の勤務していた
大きい病院を紹介して頂き同僚の先生を紹介してくれました。

 

紹介して頂いて安心して手術を受けることができて
お陰様で手術は成功することができましました。

 

私にとってその同僚の先生には今も感謝しております。

 

 

スポンサーリンク



 

 

特効薬や特効治療探し

 

現代医療の大きな特徴として、たった一つの治療方法だけで
治そうという発想が根強くあります。

 

その影響もあるのでしょうか、患者さんも特効薬や
特効治療を探し求める傾向がとても強いのです。

 

そこには相乗効果を狙おうという発想は、あまりないようです。

 

急性感染症の場合のように原因が一つであれば、一つの治療法で対処できます。

 

しかし原因や悪化要因が多岐にわたる場合に、一つの薬や
治療法だけで治ると考えるのには無理があります。

 

いろいろな治療法を組合せ、その総合力や相乗効果で
治療を導くというのが理想的な考え方です。

 

もちろん、特効の対症治療であれば、一つの治療薬に頼ることも理解できます。

 

抗ガン剤もそうでしょう。

 

ガン細胞をいくぶんかはやっつけることができます。

 

しかしそれは対症治療であって、根本的な治療ではありません。

 

抗ガン剤治療だけだと、また近いうちに再発してくるに違いありません。

 

また、特効薬探しは、どこか名医探しと通じるところがあります。

 

 

スポンサーリンク



 

 

日本人は名医探しが大好きです。とどのつまり、ホームランで
試合を決めたいという願望がとても強いのかもしれません。

 

しかし、いささか非現実的です。ゴッドハンドを持つドクターが世間では
よくもてはやされます。確かに手術に関しては名人だと思います。

 

しかし、手術がうまいことと治癒することは、ガンなどの
場合にはイコールではありません。

 

対症治療としての手術の腕は評価しますが、医者として名医かと
聞かれると、それは意味合いが異なります。

 

例えばガンの場合、手術が完璧であっても再発すれば
その意味が薄れてしまいます。

 

それよりも、たとえ手術がそこそこであったとしても、
ほかの治療法を駆使してでも何とか総合力で治療に導く
ことができれば、そちらの方が名医だというべきでしょう。

 

白い巨塔に巣くう偉い先生方から時々、「いろんな治療法を
組み合わせてしまうと、どの治療法が効いたかわからないではないか。

 

それでは正しい治療法を見つけることができないではないか」とおりを
受けることがあります。「ごもっともです」とあしらいながらも、

 

医療相談にみえた患者さんたちには、大学の先生たちに遠慮はいらない、
どんどんいい治療法は試してみればいいとアドバイスしています。

 

理不尽な相手には”逆らわず従わず”で対処する、それが一番です。

 

「何が効いたか?」そんなこと、患者さんにはどうでもいいことなんです。

 

「正しい治療法?」そんなものはありません。患者が治れば、
それが正しいのです。これが、僕の言い分です。

 

はたして、僕の言い分、偉い先生方の言い分、皆さんはどちらに軍配を
あげられるでしょうか?患者さんをまず治す、それから学問、

 

これがまっとうな人間の発想だと思います。まず学問、それから
患者という順番は、僕に言わせればれっきとした犯罪です。

 

 

スポンサーリンク



 

 

読者に感銘を与えたベストセラー

これは「9割の病気は自分で治せる」の引用文献です。

著者  岡本 裕  医学博士

見本市ブログを

最後までお読みいただきありがとうございました。

PAGE TOP