チバニアン見学会 現地の写真撮影 civanian kigakuki genchino shamisana

チバニアン見学会 現地の写真撮影

チバニアン見学会の写真撮影  現地まで案内にしたがって向かう途中の参加者

チバニアン見学会 現地の写真撮影 civanian kigakuki genchino shamisana

チバニアン見学会 現地の写真撮影

チバニアン見学会の写真撮影 茨城大学教授 岡田誠教授の現地調査など何度となく現場を訪れたこれまでのご苦労などをお話をされました。現地では参加者に詳しくご説明をして頂きました。


病院に行く人ほど、薬や治療で短命、医者を信じる者は、救われない

こんにちは
見本市ブログです。

今回は私が読んで衝撃を受けた

2013年ベストセラーランキング第一位

菊池寛賞受賞 書籍のご紹介をします。

 

スポンサーリンク

 



 

信じる者は、救われないを知ってください。

 

医者を40年やってきた僕が、いちばん自身をもって言えることです。

 

それは「病院によく行く人ほど、薬や治療で命を縮めやすい」ということです。

 

医者にかかればかかるほど検査が増えて「異常」が見つかり、
あれこれ薬を飲んだり手術をしたりするハメになる。

 

ガンが見つかると「手術、抗ガン剤、放射線が標準治療」と言われて、
いきなり大事な胃や子宮を切り取られたり、
死ぬほど苦しい抗ガン剤治療をさせられたり。

 

ストレスも大変なもので、体に悪いことばかりです。

 

 

スポンサーリンク

 



 

 

薬のほとんどに病気を治す力はないのに、副作用は大きい、風邪薬や解熱剤でも
アナフィラキシーショック(命にかかわるショック症状)が起きるし、

 

肺ガン用抗ガン剤イレッサなどは承認後3年間で約3年間で
約8万6800人の患者に使われ、588人が死亡。ガンよりずっとこわいです。

 

またメスでお腹を切って腹膜をベタベタさわるとすぐ傷がつき、癒着します。

 

癒着から腸がつまるとひどく痛むし、正常細胞のバリアーが
崩れたところには、ガン細胞がスッと入り込んで増殖しやすいんです。

 

僕自身、医者になりたてのときは、たとえばガンは、
手術や抗ガン剤で「治る」と信じ込んでいました。

 

でも、さまざまな患者さんを観察するうちに、「臓器を切り取ってもガンは
治らないし、抗ガン剤は苦しむだけなのでは」と気づきました。

 

信じる者は救われると言いますが、医療については「信じず、合理的に考える」
ことがとても大事です。

 

 

スポンサーリンク

 



 

 

引用文献

第60回菊池寛賞受賞者

2013年ベストセラーランキング第一位

医者に殺されない47の心得
医療と遠ざけて、元気に、長生きする方法

著者  近藤 誠

 

見本市ブログを

最後までお読みいただきありがとうございました。

PAGE TOP