チバニアン見学会 現地の写真撮影 civanian kigakuki genchino shamisana

チバニアン見学会 現地の写真撮影

チバニアン見学会の写真撮影  現地まで案内にしたがって向かう途中の参加者

チバニアン見学会 現地の写真撮影 civanian kigakuki genchino shamisana

チバニアン見学会 現地の写真撮影

チバニアン見学会の写真撮影 茨城大学教授 岡田誠教授の現地調査など何度となく現場を訪れたこれまでのご苦労などをお話をされました。現地では参加者に詳しくご説明をして頂きました。


薬や治療で命を縮めやすいので、病気とムダに闘うなと言いたいです

 

こんにちは
見本市ブログです。

今回は私が読んで衝撃を受けた

2013年ベストセラーランキング第一位

菊池寛賞受賞 書籍のご紹介をします。

 

 

スポンサーリンク



 

患者さんは病気とムダに闘うなと伝えてます。

 

2012年は、僕にとって特別な年になりました。まず、最長22年診てきた
「ガン放置患者」たちの経過の総まとめ「ガン放置療法のすすめ、
患者さんは病気と150人の証言」(文藝春秋)を世に出せました。

 

『患者よ、ガンと闘うな』の「がんもどき」理論を実証できて、肩の荷が下りました。

 

「大学病院の外来なのに、ガンの治療をしなさい」という、ある意味、
奇跡的なことをここまで続けてこられたのは、
慶応義塾の「自由」「独立自尊」の精神のおかげと、感謝しています。

 

菊池寛賞受賞

 

さらに今年は、思いがけず第60回「菊池寛賞」をいただきました。

 

1988年に「乳ガンは切らずに治る」と書いたとき、
僕は「これは日本の医療界への宣戦布告だ。

 

もう出世は望めないし、院内では村八分にされるだろう。

 

でも、ひとりでもわかってくれたら、それでいい」
と腹をくくり、ひとりで闘ってきました。

 

裏街道のガンマンを、見ていてくれる人がいた。
この受賞は、本当にうれしいです。

 

 

スポンサーリンク



 

 

本書にはムダに苦しむだけの治療や、悲惨な医療死から逃れられる心得をまとめました。

 

たとえば最近「予防医学」が全盛ですが、その実態は「患者を呼ぼう、医学」。

 

医者の”おいしい”お客様にならないように気を付けましょう。

 

大学病院、日赤、国立ガンセンターなど、世間で「いい病院」と
言われる設備のととのった大病院は、「いい実験を受けられる病院」
だと思ってください。

 

 

医者はガンの治療のせいを、ガンのせいにする。

 

ガンで苦しみ抜いて死ななければならないのは、
ガンのせいではなく、「ガンの治療のせい」です。

 

でも、医者は必ず「ガンのせい」にします。騙されないように。

 

基本的に、自覚症状がなくてごはんもおいしいなら、医者にあちこち
悪いと言われたり、ガンが見つかっても、忘れるのがいちばんです。

 

治療をあせると、寿命を縮めます。

 

今は、調べようと思えば書籍でもインターネットでも、

 

いくらでも情報は手に入る時代ですよく調べてから

 

今まで「病気のことは医者を信じてお任せ」だっつた方も、
ここで発想を変えて「医者を疑い、自分でしらべてかんがえる」
癖を身につけてください。

 

医者に殺されない方法をしっかり身につけて、
ムダ死にから身を守ってください。

 

たったひとつしかない自分の命、自分の体、自分の人生
なのですから判断をまちがわないようにしてください。

 

スポンサーリンク

 



 

 

引用文献

第60回菊池寛賞受賞者

2013年ベストセラーランキング第一位

医者に殺されない47の心得
医療と遠ざけて、元気に、長生きする方法

著者  近藤 誠

 

見本市ブログを

最後までお読みいただきありがとうございました。

PAGE TOP