痛みは、モルヒネを正しく使えば、安全に長生き、中毒の心配はない

こんにちは
見本市ブログです。

今回は私が読んで衝撃を受けた

2013年ベストセラーランキング第一位

菊池寛賞受賞 書籍のご紹介をします。

 

 

スポンサーリンク

 



 

モルヒネは正しく使えば、中毒にならない

 

死の恐怖とともに「痛みの恐怖」はとても大きいですね。逆に痛みをうまく
コントロールできることがわかっていれば、心穏やかに旅立てるかもしれません。

 

死のまぎわにそうとう痛む、代表的な症状は、骨にガンの転移が出たとき。

 

転移したガンが増殖して、ガンのかたまりが大きくなると、骨膜を内部から押し広げます。

 

そのときに、何らかの化学的な物質が出るのか、単に膜が引きのばされる痛みなのか、
ともかく、ひどく痛む。しかしこわがることはありません。

 

痛みを取る方法が、きちんと確立しています。第一の法方法は鎮痛剤です。

 

まず非麻薬系の鎮痛剤を、口から飲みます。

 

それで痛みが取れなければ、第二段階としてモルヒネを、内服か座薬の形で使います。

 

それでもダメなら第三段階としてモルヒネを、内服か座薬の形で使います。

 

 

 

スポンサーリンク

 



 

 

ここでしっかり覚えておいてほしいのは「モルヒネは正しく使えば、
中毒になったり、死期を早めたりする心配はない」ということです。

 

中毒や依存症になる危険があるのは、1回ごとに注射する方式でモルヒネを使ったときです。

 

注射だと、血中濃度が急上昇したときに脳が反応して
気持ちよくなる。それでやめられなくなるわけです。

 

第一次世界大戦、第二次世界大戦では、負傷した兵士たちに大量に
モルヒネ注射が用いていたので、終戦後も長くモルヒネ依存症に
苦しむ人が続出しました。

 

それが今だに尾を引いているのか、テレビドラマなどで、
医師が「モルヒネ中毒になるかもしれない」「死期を早めるかもしれない」
などと語る場面が出てくるのは、困ったものです。

 

その点、内服や座薬、また点滴の形ならモルヒネの血中濃度はジワジワ上がり、
上限があるので、中毒の心配はまったくありません。

 

痛みが取れれば体力も気力も回復して、長生きできます。

 

ただし、モルヒネは安全になったとはいえ、便秘や吐き気などの
副作用が出ることはあります。

 

その場合、副作用を軽くする薬を併用しなければならず、毎日数回、
決まった時間に使用しなければならないわずらしさもあります。

 

また代表的なモルヒネ、MSコチンン錠の30ミリグラム錠を1日に2錠飲んだとして、
1か月で4万2千円(患者負担分も含めて病院に支払われる金額。以下も同じ)、

 

1年で51万円になります。中には1日に数十錠も使う人もいるので、
一生使い続けるとなると、社会的負担は非常に大きくなります。

 

 

スポンサーリンク

 



 

引用文献

第60回菊池寛賞受賞者

2013年ベストセラーランキング第一位

医者に殺されない47の心得
医療と遠ざけて、元気に、長生きする方法

著者  近藤 誠

見本市ブログを

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

Follow me!

タイトルとURLをコピーしました