百害あって一利なしの薬、歩くランニングで身体を動かすことが大事

こんにちは
見本市ブログです。

今回は私が読んで衝撃を受けた

2013年ベストセラーランキング第一位

菊池寛賞受賞 書籍のご紹介をします。

 

 

スポンサーリンク

 



 

薬を飲まずに、歩け!

 

1990年代に、イギリスで大々的な試験が行われています。

 

被験者は2型糖尿病で自覚症状がなく、体重が標準の120%未満で、
血糖値が110~270mg/dLまでの3800人。

 

くじ引きで2群に分け、A群は食事療法をメインにして、
血糖値が270を超えたときだけ薬物療法を行いました。

 

B群は、降下剤を使って血糖値が常に110未満にとどまるようにしました。
そして10年間観察した結果は、「死亡、腎不全、失明に統計的有意差なし」。

 

一方、B群は低血糖による発作がA群の3倍に上がりました。

 

血糖降下薬は、合併症の予防や延命には何の効果もないのに副作用が大きく、

過敏症状、下痢、頭痛、みみなり、倦怠感、体温低下、眠気、むくみ、

視力障害、腸閉塞、肝機能障害などに悩まされやすくなります。

 

薬で血糖コントロールしていて「いつもだるい」「イライラしてキレやすい」
「足元がふらつく」「認知症が出てきた」などの症状があったら、障害を疑ってください。

 

また、糖尿病は確かにこわい病気ですが、「予備軍2千万人」はオーバーです。

 

 

スポンサーリンク

 



 

 

日本糖尿病学会は、1999年に診断基準の空腹時血糖値を、
それまでの140から126に変更しています。

 

根拠もなく、米国やWHO(世界保健機関)の基準値変更に
追従して基準をシビアにし、糖尿病患者を激増させています。

 

血糖値は「歩く、自転車、水泳、ストレッチ」などの有酸素運動を
心がけると下がる人が多いことが、運動療法のデータからわかっています。

 

ほどよよい運動は、体をさび付かせないためにも大切です。
「血糖値が高め」と言われたら、よく歩くようにしてみてください。

 

 

スポンサーリンク

 



 

 

引用文献

第60回菊池寛賞受賞者

2013年ベストセラーランキング第一位

医者に殺されない47の心得
医療と遠ざけて、元気に、長生きする方法

著者  近藤 誠

 

見本市ブログを

最後までお読みいただきありがとうございました。

Follow me!

タイトルとURLをコピーしました