チバニアン見学会 現地の写真撮影 civanian kigakuki genchino shamisana

チバニアン見学会 現地の写真撮影

チバニアン見学会の写真撮影  現地まで案内にしたがって向かう途中の参加者

チバニアン見学会 現地の写真撮影 civanian kigakuki genchino shamisana

チバニアン見学会 現地の写真撮影

チバニアン見学会の写真撮影 茨城大学教授 岡田誠教授の現地調査など何度となく現場を訪れたこれまでのご苦労などをお話をされました。現地では参加者に詳しくご説明をして頂きました。


早わかり、紫黒米酢(しこくまいす) ミヤジマ

こんにちは
WordPress見本市ブログです

ビックサイト出展者を応援しています。

今回は、

私が飲んでとても体に良く飲みやすく

体に良い紫黒米酢をご紹介します。

 

 

スポンサーリンク



 

こだわりの原料こだわりの製法から生まれた紫黒米酢のチカラ

 

紫黒米酢二本入り

 

ルビーのように輝く鮮やかな赤紫色の紫黒米酢

紫黒米(しこくまい)とアントシアニン紫黒米酢の原料となる

紫黒米「佐賀40号」は佐賀県農業試験研究センターが開発しました。

その紫黒米は海と山に囲まれた自然豊かな佐賀県で、

地元農家の手によって育てられました。

この紫黒米のみを原料とし、紫黒米酢を開発いたしました。

紫黒米にはポリフェノールの一種であるアントシアニン

(主としてシアニジン3-グルコシド:cy 3-glc)が豊富に含まれています。

高い抗酸化活性

紫黒米のアントシアニンが豊富に含まれている
紫黒米酢には高い抗酸化活性があります。

市販の代表的な黒酢と比較すると紫黒米酢の
抗酸化活性は10倍も高いことがわかりました。

 

スポンサーリンク



 

まろやかなやさしい香り

通常のお酢作りでは黄麴を用いた清酒仕込を行いますが、

紫黒米酢では白麴を用いた焼酎仕込による醸造を行うことで、

クエン酸を多く含むまろやかなやさしい香りのお酢に仕上がりました。

甘くコク深い味わい

当社米酢仕込時の8倍もの紫黒米を贅沢に使うことで、

当社米酢に比べてアミノ酸が多くなり、よりコク深い旨味が

感じられるお酢となりました。

さらに独特の製法で米の自然な甘味を最大限に引き出したことにより、

毎日続けてお飲みいただくことができます。

 

スポンサーリンク



 

 

お召し上がり方

1日15ml(大さじ1杯)を目安に4倍程度の水で

薄めてお召し上がりください。

シロップを加えたり、ソーダで割ってもおいしく召し上がれなす。

 

宮島醬油株式会社詳細はこちら 宮島醤油|醤油・味噌・つゆ・だし・スープ・スパイス・レトルト食品・OEM製造 明治15年(1882年)、佐賀県唐津市で醤油の醸造所として創業。醤油・味噌・酢などの発酵食品を基盤としながら、各種ソース・粉末スープ・液体スープ・焼肉のたれ・めんつゆ・ドレッシング・スパイス・缶詰・レトルト食品・冷凍食品など幅広い食品を製造。各種調味料、加工食品、冷凍食品のPB・OEM生産も行っています。www.miyajima-soy.co.jp

WordPress見本市ブログを
最後までお読みいただきありがとうございました

 

 

 

コメント

PAGE TOP