団塊世代老いても枯れない生き方、本屋さんの新刊で世の流れや空気を読む。

 

 

本屋さんは知の楽園です。

 

 

私は本屋さんにも日課のように行く習慣があります。
本屋さんでは最近売れ筋や流行、そこから垣間見える
世の中の流れを感じ取れるからです。

 

お金からすれば、ただで済む図書館がお勧めですが、
身銭を切って、大切な一冊を買ってきて読み込むのもひとつです。

 

本屋さんに行って、まず確認するのは、「売れ筋ランキング」です。

 

これは世の中に迎合するというのではなく、どんな本が人気が出て、
そのわけが何なのかをつかんでおきたいのです。

 

もちろん、その中には「読んでみたいな」というものもあるはずですし、
読んでおかないとおくれをとってしまうものあるはずです。

 

脳を若く保つ秘訣は「好奇心」を持ちましょう。

 

新刊の本屋さんに行って、時の流れや空気を知るのも楽しいことです。

 

私の家から、電車で30分くらいにある大きな本屋さんへたびたびに行っています。

 

仕入れた本を片手に、喫茶店でおもむろに読むのも何とも言えない
「幸せ」の瞬間なのです。

ケーキがなかなかおいしいので、脳の栄養にもなります。

 

脳を若く保つ秘訣は「好奇心」をもつことです。

 

本屋さんは次から次へと新刊本が入ってきますが、
内容の良い本はそれなりに売れてるので、
比較的目立つところに平済み積みにされているのが普通です。

 

ですから、時流を表したような本はすぐに見つかります。
いつまでも脳を若く保つ秘訣は「好奇心」を持ち続けることです。

 

スポンサーリンク

 



 

 

どのような分野であれ、新しい動きや作品にふれて、感動しましょう。

 

その感動が、脳を活性化させ、若さを保っていく秘訣だと思います。

 

本は自分の体験しないことや、知らない世界のことが
書かれていますので、生きていく世界を広げてくれます。

 

本は読むだけの受け身では、本当の活性化にはならず、
その感想を書いたり、考えることが大切なのです。

 

その「頭を使う」ということが、医学的には左前頭葉、
連合野と呼ばれる部分を活性化させて、脳を老けさせない
ことになると言われています。

 

『脳に悪い7つの習慣』(幻冬舎新書)を書いている
脳神経外科医の林成之さんは、読書の姿勢では「興味津津」、
「いやいや読まない」、「褒める気持」が大切だと説いています。

 

読書は義務感からではなく、好奇心や前向きの考え方で
楽しんではじめて「脳とレ」の役にも立つようです。

 

 

引用文献

61才から始める 老いても枯れない生き方

著者 日向野 利治

 

見本市ブログを

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク

 



Follow me!

タイトルとURLをコピーしました