チバニアン見学会 現地の写真撮影 civanian kigakuki genchino shamisana

チバニアン見学会 現地の写真撮影

チバニアン見学会の写真撮影  現地まで案内にしたがって向かう途中の参加者

チバニアン見学会 現地の写真撮影 civanian kigakuki genchino shamisana

チバニアン見学会 現地の写真撮影

チバニアン見学会の写真撮影 茨城大学教授 岡田誠教授の現地調査など何度となく現場を訪れたこれまでのご苦労などをお話をされました。現地では参加者に詳しくご説明をして頂きました。


団塊世代老人ホーム選びで失敗しない、起ってもあわてないように予備知識を。

 

 

老人ホーム選びで失敗するな

 

介護付きの有料老人ホームに入るにはいくらかかるのでしょうか。

心配なのが一時金と月額利用料です。

 

一時金は数百万円から数千万円まで、施設によりいろいろです。

全体の平均額は300万円程度まで下がっているのが現状です。

 

一時金は月額利用料と密接な関係があります。

 

月額利用料は平均で15万円から25万円の範囲で

設定されている例が多いようです。

 

入居一時金が安い施設では月額利用料が高く、

逆に高い施設は月額利用料が低く抑えられています。

 

この月額利用料にはオムツ、タオル代を中心に実費として請求される

介護用品費があるのが一般的で、さらに増える可能性があります。

 

高いお金のかかる有料老人ホームは慎重な目で見なければなりません。

 

「老人ホームに高いお金を出して入所したが、意に反して出てしまった」

という例も少なくないからです。

 

失敗の一番多いケースでは、「見学だけで体験入居しないで決めた」です。

 

施設も空きがないように運営したいですから、案内時には大変丁寧に扱います。

 

そして、「今は空き部屋があるが、人気があるのですぐに埋まってしまう」

というように急がせます。

 

 

スポンサーリンク

 



 

入居一時金も割安だったので、決めてしまった。

 

それで入居したら、扱いが悪いとか、合わないということで、

出てしまう例が多いのです。

 

入居にはいくつかのホームの資料を取り寄せ、比較検討のうえで、

どこに問題があるか、どこが魅力か、などについての慎重な選択作業を

行わないといけません。

 

ヘルパーも、その施設の職員ではなく、外部の業者からの

委託のことがあります。

 

サービスや介護の仕方に差が出ます。

 

さらに、トラブルで多いのが入居一時金です。

 

万が一、経営難でいきなり倒産したときに、返還もなく、

ほかに移るにしても資金がなくなってしまうことも。

 

入居一時金の保全措置についてはしっかりと確かめる必要があります。

 

また介護保険から出る費用以外には、どの項目でいくら必要なのかも

確認しなければなりません。

 

事前の説明もないまま、予想できない費用を請求され、困る事態にも

なりかねないからです。

 

老人ホームにかかわるのは、介護という切羽詰まったことではじめて

遭遇するのですから、基礎知識はほとんどないのです。

 

選択には慎重すぎるくらいでちょうどいいのです。

 

 

引用文献

61才から始める 老いても枯れない生き方

著者 日向野 利治

77歳やっさんブログを

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク

 



 

PAGE TOP