肉食を続けても、ガンにはなりません、食事療法と運動療法が大事

見本市ブログです。

今回は

株式会社 オカヤマ

脳幹トレーニング研究所の

脳幹トレーニングの方法を教えてくださいました。

 

 

スポンサーリンク



 

 

食生活に目を向けている人は、食生活以外の事には目を向けようとしません。

運動に目を向けている人達は、運動以外の事に目を向けようとしません。

 

食事療法と運動療法どちらが大事でしょうか?どちらも大事です。
しかし、2つを比べて、どちらが優れているのか比較すると、
運動療法になると思います。

 

世界の長寿者を見れば、長生きしている人は、良く動いている人が多く、
長寿食と呼べるような共通した食事を食べていません。

 

人間は、動物です。動いている人は、健康です。
プロ野球選手など、スポーツ選手の現役時代は体を動かして
いますので、毎日、肉食を続けていてもガンになる人がいません。

 

ところが引退すると、急にガンになる人が出てきます。

 

スポーツは貯金する事が出来ない為、20年間現役で頑張っていた選手も、
引退して体を動かさなくなれば、簡単にガンになっているのです。

 

体を動かさなくなれば、体に備わったあらゆる機能低下して
しまいます。これが、動物である人間の宿命です。

 

便利な物に頼るのを止め、体を動かす生活習慣に戻す事です。
できるだけ、車や電車に乗らないようにする事です。

 

 

スポンサーリンク



 

 

駅では、階段を歩く事です。便利な物に頼り切った生活を
続けた生活を続けた結果として、動物の体に備わった【脳幹】と
呼ばれる重要な機能が低下したのです。

 

その結果、ガン細胞の消去ができなかったのです。
ガン患者の共通点は、<便通異常>と<悪臭便>です。

 

ほぼ1oo%の人に共通しています。原因は、肉・卵
・魚・貝・牛乳のような、血液を汚す食物の通過です。

 

食物が、大腸内で腐敗している為に<悪臭便>になり、
<便異常>が起きているのです。

 

32本の歯形が教える理想的な食生活であれば、<悪臭便>も
<便通異常>も起きませんし、便器や紙が汚れません。

 

自分の食生活が、理想的であるかどうかは、毎日の大切な便りが教えてくれます。

 

【オカヤマ脳幹クッション】でガン細胞が消去したとしても、
<便異常>と<悪臭便>がある限り、

 

再び、新たなガン細胞ができる可能性がありますので、善玉菌占有率の
高い腸内環境を保持するよう、気をつける必要があります。

 

スポンサーリンク

 



 

 

引用文献

・惚れ惚れウンコの素製造販売
・体幹トレーニング用NKクッション製造販売

株式会社オカヤマ
脳幹トレーニング研究所

代表取締役社長 岡田 恭一 著書

詳しくはこちら

 

見本市ブログを
最後までお読みいただきありがとうございました。

Follow me!

タイトルとURLをコピーしました