自分で説明ができなくなったときに「どう死にたいか」希望を書きおく

見本市ブログです。

今回は私が読んで衝撃を受けた

2013年ベストセラーランキング第一位

菊池寛賞受賞 書籍のご紹介をします。

 

 

 

 

 

どんな延命治療を希望しますか?

 

 

エンディングノートのことが、最近よく話題になります。

 

 

自分の死のまぎわにどういう治療を受けたいかを、
判断能力のあるうちに文書にしておくことです。

 

 

日本では、エンディングノートにはまだ法的な力はありませんが、
書いておくことで、意識を失ったあとも、家族や医師に、
延命治療についての自分の意思を伝えられます。

 

 

スポンサーリンク

 



 

 

「鼻腔チューブ栄養のような、強制的な栄養補給はいっさい不要」
「人工呼吸が1週間続いて意識が戻らなかったら装置をはずしてほしい」

 

 

「植物状態になっても、できるだけ生き続けたい」など、
自分で説明できなくなったときの「どう死にたいか」の希望を、
なるべく具体的に書いて、身内の同意ももらい、毎年更新していきます。

 

 

倒れて病院に連れ込まれたとき用のエンディングノートを書いてみました。

 

 

家人や知人がわかるところに保管します。あなたも書いてみませんか?

 

 

 

引用文献

第60回菊池寛賞受賞者

2013年ベストセラーランキング第一位

医者に殺されない47の心得
医療と遠ざけて、元気に、長生きする方法

著者  近藤 誠

見本市ブログを

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク

 



Follow me!

タイトルとURLをコピーしました