風邪に効く薬はない、抗生物質は飲まない方が薬害にならなくて済む

こんにちは
見本市ブログです。

今回は私が読んで衝撃を受けた

2013年ベストセラーランキング第一位

菊池寛賞受賞 書籍のご紹介をします。

 

 

 

スポンサーリンク

 



 

40度まで上がっても脳に影響はないです。

 

風邪をひいたら暖かくして、のどが痛ければハチミツなどを塗って、
ゆっくり休むのが、いちばん早く治す方法です。

 

インフルエンザも風邪ですから、ヨーロッパでは薬を出さず
「一週間、家で安静に」と言うだけの医者が、少なくありません。

 

熱が40度まで上がったとしても、熱で脳をやられる心配はありません。

 

 

スポンサーリンク

 



 

 

解熱剤の副作用による脳症や死のリスクを考えると、
できるだけ解熱剤は避けたほうが賢明です。

 

熱が上がっていく段階ででは、温かい飲ものをたっぷり飲んで、ふとんを多めにかけて、
どんどん汗をかかせる昔ながらのやりかたが、理にかなっています。

 

高熱が出てつらい場合は、水枕、冷たいおしぼりで身体をふくなど、
物理的に冷やすことをおすすめします。

 

アメリカでは高熱が出ると、水風呂に入る人も多いんです。

 

体力的に大丈夫なら、冷た過ぎない水風呂に入ってみるのもいいと思います。

 

また抗生物質はウイルスにはまったく無効で、耐性菌などのやっかいな問題を起こします。

 

軽い風邪なのに、抗生物質を処方するような医者には近づかないことです。

 

 

スポンサーリンク

 



 

 

引用文献

第60回菊池寛賞受賞者

2013年ベストセラーランキング第一位

医者に殺されない47の心得
医療と遠ざけて、元気に、長生きする方法

著者  近藤 誠

 

見本市ブログを

最後までお読みいただきありがとうございました。

Follow me!

タイトルとURLをコピーしました