チバニアン見学会 現地の写真撮影 civanian kigakuki genchino shamisana

チバニアン見学会 現地の写真撮影

チバニアン見学会の写真撮影  現地まで案内にしたがって向かう途中の参加者

チバニアン見学会 現地の写真撮影 civanian kigakuki genchino shamisana

チバニアン見学会 現地の写真撮影

チバニアン見学会の写真撮影 茨城大学教授 岡田誠教授の現地調査など何度となく現場を訪れたこれまでのご苦労などをお話をされました。現地では参加者に詳しくご説明をして頂きました。


血圧値を130に下げると、薬の売り上げが増え薬品業界の儲けだけ

こんにちは
見本市ブログです。

今回は私が読んで衝撃を受けた

2013年ベストセラーランキング第一位

菊池寛賞受賞 書籍のご紹介をします。

 

スポンサーリンク

 



 

基準値を下げると、儲かるのはだれ?

 

その結果、薬品業界はホクホクです。

 

1988年の国内の降圧剤の売上はおおよそ2千億円だったのが、
2008年には1兆円を超えています。

 

基準値をいじって大成功

 

基準値をササッといじって、薬の売り上げ6倍増。血圧商法、大成功です。

 

また基準作成委員会のおおくが、製薬会社から
巨額の寄付金を受け取っているのも問題です。

 

たとえば2005年に作成された、高血圧の基準も含む
日本版メタボ診断基準の作成委員会メンバー。

 

 

 

スポンサーリンク



 

14億円もの寄付金

 

 

そのうち国公立大の医師11人全員に、2002~2004年の3年間に、
高血圧などの治療薬メーカーから合計14億円もの寄付金が渡っています。

 

いまだにワルモノ扱いのコレステロールも、実は「長寿のもと」です。

 

1980年代に福井市の約3万7千人を5年間追跡したら、男女とも、
コレステロール値の最も低いグループの総死亡率がいちばん高く、

 

男性は、血中コレステロール値が高いほど、
総死亡率が低いという結果がはっきり出ています。

 

打ち出の大づち

 

しかし治療の基準値はなかなか変わりません。

 

コレステロール低下薬も、億単位、兆単位のお金を生み出す
「打ち出の大づち」なんです。

 

検査の数値を見ないで、体の力を信じてください。

 

 

 

スポンサーリンク



 

 

引用文献

第60回菊池寛賞受賞者

2013年ベストセラーランキング第一位

医者に殺されない47の心得
医療と遠ざけて、元気に、長生きする方法

著者  近藤 誠

 

見本市ブログを

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

PAGE TOP