チバニアン見学会 現地の写真撮影 civanian kigakuki genchino shamisana

チバニアン見学会 現地の写真撮影

チバニアン見学会の写真撮影  現地まで案内にしたがって向かう途中の参加者

チバニアン見学会 現地の写真撮影 civanian kigakuki genchino shamisana

チバニアン見学会 現地の写真撮影

チバニアン見学会の写真撮影 茨城大学教授 岡田誠教授の現地調査など何度となく現場を訪れたこれまでのご苦労などをお話をされました。現地では参加者に詳しくご説明をして頂きました。


血圧130数値だけで「病気」と信じてはいけません、読んで下さい

こんにちは
見本市ブログです。

今回は私が読んで衝撃を受けた

2013年ベストセラーランキング第一位

菊池寛賞受賞 書籍のご紹介をします。

 

スポンサーリンク

 



 

数値だけを見て、病気と思ってはいけないのです。

 

高血圧患者が4千万人、高コレステロール血症(高脂血症)3千万人・・・
日本には大変な数の「病人」がいることになっています。

 

高血圧や高コレステロール血症の「基準値」と呼ばれるものがあります。
「これ以上になったら病気」と診断する数値です。

 

血圧なら上140mmHg,下90が基準値で、それ以上は高血圧症とされます。

 

この基準値がまず、まったくあてにならない。病気ごとの専門学会が
作っていますが、談合体質で、根拠なく数値が決められています。

 

1988年の厚生省全国調査の基準値は160/95以上でした。

 

ところが2000年に、はっきりした理由もなく140/90に引き下げられました。

 

スポンサーリンク

 



 

 

1998年の基準値を当てはめると、高血圧の日本人は1600万人、
それが新基準では、3700万人もが高血圧になってしまいました。

 

さらに2008年に始まったメタボ検診では、19~64歳までで、糖尿病や腎臓病を
合併している場合、ついに血圧130/80以上が治療目標になりました。

 

高血圧の原因は、9割以上不明です。

 

また、日本人の血圧を下げることによって死亡率が下がる、
心臓病や脳卒中などが減ると実証されたデータは見あたりません。

 

大人になると動脈も老化して硬くなり、血液を先に送る力が衰えます。

 

そこで、体は年をとるほど血圧を上げようとします。

 

脳や手足のすみずみまで血液を送り続けるため、それを薬で下げたら、
ボケたりふらついたりしてしまいます。

 

フインランドで、75歳から85歳までの「降圧剤を飲まない」
男女521人の経過を見た調査では、80歳以上のグループでは、

 

最高血圧が180以上の人たちの生存率が最も高く、
最高血圧140を切った人たちの生存率はグンと下がっています。

 

なのに日本では、最高血圧130で病気にされ、ているんです。

 

 

スポンサーリンク

 



 

 

引用文献

第60回菊池寛賞受賞者

2013年ベストセラーランキング第一位

医者に殺されない47の心得
医療と遠ざけて、元気に、長生きする方法

著者  近藤 誠

 

見本市ブログを

最後までお読みいただきありがとうございました。

PAGE TOP