血糖値は薬で下げても無意味、副作用で、百害あって一利なしです

こんにちは
見本市ブログです。

今回は私が読んで衝撃を受けた

2013年ベストセラーランキング第一位

菊池寛賞受賞 書籍のご紹介をします。

 

スポンサーリンク

 



 

甘いもの好きは糖尿病になるは本当か?

 

最近よく「糖尿病予備軍が2千万人」という数字を耳にします。

 

健康診断で「このままだと糖尿病になってしまいますよ」と
医者に言われたことのある人も多いと思います。

 

 

スポンサーリンク

 



 

 

日本人の糖尿病の95%は、インスリンの分泌障害が多く見られる「2型糖尿病」で、
欧米人と違って、比較的やせていてもかかりやすいことがわかっています。

 

原因と言われる「ストレス、アルコール、甘いもの」で
直接に糖尿病が起こるという実証はなく、なぞの多い病気です。

 

日本糖尿病学会の診断基準によると、空腹のときの血糖値
(血液中のブドウ糖の値)が110mg/dL未満で、

 

ブドウ糖負荷試験後(糖液を飲んで2時間後の値)が140未満なら正常。

 

空腹時が126以上、糖負荷試験後が200以上等となると糖尿病。

 

その間が予備軍になります。

 

糖尿病がこわいのは、血糖値が高いと血管がもろくなり、
心筋梗塞や脳梗塞のリスクが高まって、

 

失明、腎症、神経障害など、重い合併症を引き起こしやすいこと。

 

確かに糖尿病網膜症で毎年約3500人が、視覚障害者になっています。

 

また人工透析が必要になる原因のトップは糖尿病腎症で、
毎年1万数千人が新たに透析を始めています。

 

神経障害も手足のしびれ、失禁、手足の壊死など深刻です。

 

糖尿病には自覚症状がなく、深刻な症状が出てからでは完治が難しい。・・・」と脅されます。

 

しかし、薬で血糖値を下げるのはもっと危険です。

 

 

スポンサーリンク

 



 

 

引用文献

第60回菊池寛賞受賞者

2013年ベストセラーランキング第一位

医者に殺されない47の心得
医療と遠ざけて、元気に、長生きする方法

著者  近藤 誠

 

見本市ブログを

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

Follow me!

タイトルとURLをコピーしました