チバニアン見学会 現地の写真撮影 civanian kigakuki genchino shamisana

チバニアン見学会 現地の写真撮影

チバニアン見学会の写真撮影  現地まで案内にしたがって向かう途中の参加者

チバニアン見学会 現地の写真撮影 civanian kigakuki genchino shamisana

チバニアン見学会 現地の写真撮影

チバニアン見学会の写真撮影 茨城大学教授 岡田誠教授の現地調査など何度となく現場を訪れたこれまでのご苦労などをお話をされました。現地では参加者に詳しくご説明をして頂きました。


メタボ成人病の改善には「脳内革命」ポイントは食事、運動、瞑想の3つ

こんにちは
WordPress見本市ブログです

私はメタボで成人病でした。「脳内革命」を実行して今は

正常値になりました。その本の記事をご紹介しますね。

 

 

スポンサーリンク



 

脳内モルヒネは「食事」「運動」「瞑想」の3つ

 

脳内モルヒネに関して知っておいてもらいたい重要なことがあります。

それは脳波との関係です。

 

脳内モルヒネが出ているときは、必ず脳から

α波の脳波が出ていることがわかっています。

 

β波が出ているときはβーエンドルフィンは消えています。

 

はいってくる刺激は同じでも、それを頭で

どうとらえるかによってα波になったり、β波になったり

するのが脳波からみた私たちの脳のはたらきなのです。

 

β波はいきていくうえで不可欠なものですが、

こればかり出していたのでは、人間は長生きできないし、

人生を楽しむこともむずかしくなってきます。

 

プラス発想すればα波状態になる

 

α波を出すのはある意味では簡単で、どんなこことでも

肯定的に受け入れる姿勢で感謝し、プラス発想すれば

α波状態になることができます。

 

α波状態と脳内モルヒネの分泌はニワトリと卵の関係で、

どちらが先か後かは別として、とにかく

一体の関係にあるのは間違いありません。

 

 

スポンサーリンク



 

このα波にいちばん効き目があるのは瞑想で、

うまく瞑想ができる訓練を績めば、

α波には思いのまま出せるようになります。

 

α波に該当する出せるということは、

脳内にβーエンドルフィンなどの快感物質を

分泌できるということで、これが自在にできれば

人生の色合いはずいぶん違ってくるはずです。

 

ふつう私たちは何かをしようとすると無意識に

緊張がともなって、実力が発揮できないという。

 

いわゆる「努力逆転の法則」がはたらくのですが、

この原因となるホルモンが、アドレナリン系の

神経伝達物質なのです。

 

このようなときにプラス発想をして意識的に

脳内モルヒネを分泌させると、脳波はα波に

コントロールされ、大脳の前頭連合野の機能が活性化します。

 

そのような状態では、意識と潜在意識が統合され、

脳の深いレベルで、成功へ向けての肯定的な発想を

プログラムすることができるのです。

 

したがってこのような状態では潜在意識が意識的に

コントロールすることができ、さまざまな能力が

活性化されます。

 

潜在意識が意識化されることによって精神感覚も

鋭くなり、カンやヒラメの力が強くなります。

 

そのため想像力も大いに発揮されるようになるというわけです。

 

 

スポンサーリンク



まとめ

脳内モルヒネに役立つ3つ

「食事」「運動」「瞑想」この3つが脳内モルヒネに役立つのです。

脳内モルヒネに役立つ「食事」

筋肉をつけるための「運動」、

α波を出すための「瞑想」

の3つがポイントになるのです。

また、脳内モルヒネにはテコの原理に似た

エネルギー増幅効果があります。

 

TV・新聞・雑誌で話題のベストセラー‼

これは「脳内革命」の引用文献です。

著者 春山 茂雄 医学博士

 

WordPress見本市ブログを
最後までお読みいただきありがとうございました

 

 

PAGE TOP