チバニアン見学会 現地の写真撮影 civanian kigakuki genchino shamisana

チバニアン見学会 現地の写真撮影

チバニアン見学会の写真撮影  現地まで案内にしたがって向かう途中の参加者

チバニアン見学会 現地の写真撮影 civanian kigakuki genchino shamisana

チバニアン見学会 現地の写真撮影

チバニアン見学会の写真撮影 茨城大学教授 岡田誠教授の現地調査など何度となく現場を訪れたこれまでのご苦労などをお話をされました。現地では参加者に詳しくご説明をして頂きました。


団塊世代趣味仲間とワイワイガヤガヤ共に楽しむことで、ボケ防止になる。

 

 

 

趣味仲間とワイワイガヤガヤ

 

私が、歳をとってから始めたゴルフです。私は時々、
自分の田舎のショートコースに練習に行きますが、
火・金曜日は「シルバーデイ」ということで、
12ホール1回り1500円2回りでは500円増しの2000円で楽しめます。

 

実に手ごろな値段で、年金生活者でも負担が少なく遊べますし、
健康にも最高です。

 

この日に行くと、高齢者がどっと押し寄せて、仲間や夫婦などで
楽しくラウンドして大はしゃぎしています。

 

90歳代の男性も元気なおばあちゃんと仲良くラウンドしています。

 

私が本格的にゴルフを始めたのは、3年前の60代の終わりです。

 

お盆で集まったときに、妹の旦那から「お兄さん、コンペにでない?」
という誘いを受けて、「行くよ」と言ったものの、「恥をかけないな」と、
家の近くの小さな打ちっぱなしに1か月通いました。

 

コンペでのスコアは結果的に140台。ビリから2番目でした。

 

負けず嫌いの私のゴルフ人生はそこから始まりました。

 

 

スポンサーリンク

 



 

 

140で始めたゴルフスコアは、ベストで140までになり、
今年は「100を切る」という目標で励んでいます。

 

スコアもさることながら、参加者らと笑いながら失敗を
繰り返しながらもラウンドするのがこのうえない楽しみです。

 

実に楽しい「ワイワイ騒ぐゴルフ仲間」で、気分爽快、
お勧めしたいところです。

 

インドアの練習場はあちこちにあり、
参加の機会はいくらでもありそうです。

 

団塊の世代以上の年齢層は楽しみ方がいっぱいあります。

 

コース側でも、高齢者のゴルフ熱への対応を進めています。

 

平日のゴルフコースは、高齢者ゴルファーの姿が多く見受けられるからです。

 

団塊の世代以上の年齢層は、第二次ゴルフブームや
第三次ゴルフブームなど高度経済成長期にゴルフを
始め楽しさを覚えた世代であり、
いわゆるゴルフ狂が多い世代と言えます。

 

この団塊世ゴルフファーが高い比率を占め、
団塊世抜きではコースの運営も
考えられない時代となっているようです。

 

高齢になっても始められる趣味はたくさんあります。

 

高齢者がやっている頻度の高い趣味として、「園芸・庭いじり」、
「読書」、「カラオケ」、「日曜大工」、「写真」などが
ありますが、登山、神社仏閣巡り、釣り、ウオーキング、デッサン、
ボーリング、パターゴルフなど、さまざまなものがあります。

 

ここで大いに仲間を増やし、楽しい毎日を過ごしたいものです。

 

 

引用文献

61才から始める 老いても枯れない生き方

著者 日向野 利治

 

見本市ブログを

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク

 



PAGE TOP