チバニアン見学会 現地の写真撮影 civanian kigakuki genchino shamisana

チバニアン見学会 現地の写真撮影

チバニアン見学会の写真撮影  現地まで案内にしたがって向かう途中の参加者

チバニアン見学会 現地の写真撮影 civanian kigakuki genchino shamisana

チバニアン見学会 現地の写真撮影

チバニアン見学会の写真撮影 茨城大学教授 岡田誠教授の現地調査など何度となく現場を訪れたこれまでのご苦労などをお話をされました。現地では参加者に詳しくご説明をして頂きました。


1日20分手をつないでストレスの癒し効果は日本人にも求められる?

見本市ブログです。

今回は私が読んで衝撃を受けた

2013年ベストセラーランキング第一位

菊池寛賞受賞 書籍のご紹介をします。

 

 

「手をつなぐ」を習慣にすると良い効果

 

日本人はボデイタッチが苦手です。

 

 

海外に行って初対面の人にハグ(挨拶の軽い抱擁)されると、
ドギマギしてしまいます。

 

 

日本人どうしで無理にハグする必要はありませんが、
ストレスの多い現代社会です。

 

 

気心の知れた人とは、もう少し「手当て」の機会を増やしましょう。

 

 

たとえばパートナーや家族と「タッチウイーク」を決めて、

しょっちゅう手をつなぐ、肩を組む、通りすがりにボデイタッチする、

腰に手を添えるなど、気軽に触れ合ってみてください。

 

 

1週間後、心の絆がグンと深まったことに気づくでしょう。

 

 

また、日本には指圧の文化があるので、やさしくもみほぐし合うのもいいと思います。

 

スポンサーリンク

 



 

お互いの手のひらのツボを押すとか、肩をもみ合う、

ふくらはぎをマッサージし合うなど、

大人になってからも、スキンシップはストレスと不安の解消に効果絶大です。

 

 

人間は生涯、肌のぬくもりを求め続けるのです。

 

 

引用文献

第60回菊池寛賞受賞者

2013年ベストセラーランキング第一位

医者に殺されない47の心得
医療と遠ざけて、元気に、長生きする方法

著者  近藤 誠

見本市ブログを

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

スポンサーリンク

 



PAGE TOP