チバニアン見学会 現地の写真撮影 civanian kigakuki genchino shamisana

チバニアン見学会 現地の写真撮影

チバニアン見学会の写真撮影  現地まで案内にしたがって向かう途中の参加者

チバニアン見学会 現地の写真撮影 civanian kigakuki genchino shamisana

チバニアン見学会 現地の写真撮影

チバニアン見学会の写真撮影 茨城大学教授 岡田誠教授の現地調査など何度となく現場を訪れたこれまでのご苦労などをお話をされました。現地では参加者に詳しくご説明をして頂きました。


100歳への体力づくり、長寿の秘訣は「脂っこいもの」をよく食べる

見本市ブログです。

今回は私が読んで衝撃を受けた

2013年ベストセラーランキング第一位

菊池寛賞受賞 書籍のご紹介をします。

 

スポンサーリンク

 



 

長寿の秘けつは「脂っこいもの」

 

今から40年前、1972年に東京都老人総合研究所ができたとき、日本にはまだ、
100歳以上の人はたった405人でした。

 

 

同研究所がそのうち100人の食生活を、当時の高齢者の平均よりたくさん食べていました。

 

 

卵のコレステロールや、乳脂肪のことが気になる方も多そうですね。

 

 

1976年からは当時「長寿地域」として有名だった東京都小金井市で、
70歳の人の食事を追跡し始めました。

 

 

10年後、80歳になっても生きていた人の「1日の総摂取エネルギーに対する脂肪の比率」を
調べたら、男性は10年前の23,7%から26%に、女性は22,5%から26%に増えていました。

 

 

脂っこいものも食べる

 

 

70歳を過ぎて、今までより「脂っこいもの」をよく食べ始めた、ということです。

 

スポンサーリンク

 



 

 

脂肪がコレステロールとホルモンの材料になって体を元気に保つことを、
本能的に察知していたのでしょう。

 

 

これから日本人の寿命がどうなっていくのか、予断は許しませんが、
人生が90年、100年にわたる可能性は、今のところ高まっています。

 

 

体と脳をしっかり維持していくために、生涯、タンパク質と脂肪を十分に摂り続ける必要があります。

 

 

そのペースとして、「毎日卵と牛乳」習慣をおすすめします。

 

 

 

引用文献

第60回菊池寛賞受賞者

2013年ベストセラーランキング第一位

医者に殺されない47の心得
医療と遠ざけて、元気に、長生きする方法

著者  近藤 誠

見本市ブログを

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク

 



PAGE TOP