チバニアン見学会 現地の写真撮影 civanian kigakuki genchino shamisana

チバニアン見学会 現地の写真撮影

チバニアン見学会の写真撮影  現地まで案内にしたがって向かう途中の参加者

チバニアン見学会 現地の写真撮影 civanian kigakuki genchino shamisana

チバニアン見学会 現地の写真撮影

チバニアン見学会の写真撮影 茨城大学教授 岡田誠教授の現地調査など何度となく現場を訪れたこれまでのご苦労などをお話をされました。現地では参加者に詳しくご説明をして頂きました。


100歳まで働き続ける人生設計をたてるのは、今はあたりまえのこと

見本市ブログです。

今回は私が読んで衝撃を受けた

2013年ベストセラーランキング第一位

菊池寛賞受賞 書籍のご紹介をします。

 

 

 

 

普通に100歳まで働く時代

 

 

「70歳から働いている今の社会が、人生でいちばん長く勤めていることにななるよ」。

 

 

今も毎日電車を乗り継いで通勤を続ける「100歳のサラリーマン」氏いのことが
メデアで紹介されたのは、2012年9月のこと。

 

 

同月、100歳以上の日本人は70万人に達すると推計されています。

 

 

スポンサーリンク

 



 

今60歳以上の日本人のうち70万人が、40年後もまだこのよにいる・・・
遠からず[100歳のサラリーマン」はニュースでも何でもなくなり、

 

 

普通の人が、普通に80歳、90歳、100歳まで働き続ける時代がやってくるでしょう。

 

 

65歳への定年延長が議論される一方で、政府の国家戦略会議では「これからの日本は、
40歳定年制を認めてもいいのではないか」という大胆な提案も飛び出しています。

 

 

この提案の意図は「みんなが75歳まで働き続けるために、4歳くらいで一度、
区切りをつけてみてはどうか」という問題提起でした。

 

 

もう、60代でみんなが「定年でのんびり余生を」と楽隠居モードになったら、
社会はもちません。本人も社会のお荷物気分の毎日が40も続くのはたまらないでしょう。

 

 

引用文献

第60回菊池寛賞受賞者

2013年ベストセラーランキング第一位

医者に殺されない47の心得
医療と遠ざけて、元気に、長生きする方法

著者  近藤 誠

見本市ブログを

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

スポンサーリンク

 



PAGE TOP