チバニアン見学会 現地の写真撮影 civanian kigakuki genchino shamisana

チバニアン見学会 現地の写真撮影

チバニアン見学会の写真撮影  現地まで案内にしたがって向かう途中の参加者

チバニアン見学会 現地の写真撮影 civanian kigakuki genchino shamisana

チバニアン見学会 現地の写真撮影

チバニアン見学会の写真撮影 茨城大学教授 岡田誠教授の現地調査など何度となく現場を訪れたこれまでのご苦労などをお話をされました。現地では参加者に詳しくご説明をして頂きました。


100歳まで元気に生きる「暮らし」の心得早寝早起きがベストです

見本市ブログです。

今回は私が読んで衝撃を受けた

2013年ベストセラーランキング第一位

菊池寛賞受賞 書籍のご紹介をします。

 

 

24時間前後にどっぷり眠る「超」早寝早起き健康法のすすめ

 

 

人は、朝、ひらめく!間違いなく健康になる生活習慣をひとつあげるとしたら、
「早寝早起き」をおすすめします。

 

 

それも外が暗くなったら眠り、夜明け前に起きる「超」早寝早起きがベストです。

 

 

これは人類が何百万年も繰り返してきた基本のリズムで、
体にとって最も無理がないからです。

 

スポンサーリンク

 



 

 

僕は昔からずっと、朝4時前に起きて、5時台に出勤し、
6時から医学論文を読んだり、執筆をしています。

 

 

世間は静まりかえり、頭は冴えわたって、いちばん研究がはかどるときです。

 

 

人間の脳は、睡眠中に記憶をふるいにかけてムダな情報は消し、
必要な情報だけを優先順に並べ替えます。

 

 

だから起きぬけの頭の中は、掃除したての室内のように、スッキリ片付いています。

 

 

その日「ベスト」の状態の自分の体と脳を、満員電車で消耗したり、
朝の雑事になんとなく使ってしまったりするのは、あまりにももったいない。

 

 

朝はじっくり考えたり、ひらめきを呼んだり、名案を練るのに最適。思考も前向きなので、
大事な判断は朝にする習慣をつけると、人生そのものが前向きになります。

 

 

早起きを続けると、脳を有効に使う快感に目ざめ、時間をムダにしなくなります。

 

 

そして時間に余裕が生まれて、心の余裕にもつながります。

 

 

 

引用文献

第60回菊池寛賞受賞者

2013年ベストセラーランキング第一位

医者に殺されない47の心得
医療と遠ざけて、元気に、長生きする方法

著者  近藤 誠

見本市ブログを

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

スポンサーリンク

 



PAGE TOP