チバニアン見学会 現地の写真撮影 civanian kigakuki genchino shamisana

チバニアン見学会 現地の写真撮影

チバニアン見学会の写真撮影  現地まで案内にしたがって向かう途中の参加者

チバニアン見学会 現地の写真撮影 civanian kigakuki genchino shamisana

チバニアン見学会 現地の写真撮影

チバニアン見学会の写真撮影 茨城大学教授 岡田誠教授の現地調査など何度となく現場を訪れたこれまでのご苦労などをお話をされました。現地では参加者に詳しくご説明をして頂きました。


NHK大河ドラマ西郷どん 明治維新から150年

こんにちは
WordPress見本市ブログです

明治維新から150年を記念して

林真理子のNHK大河ドラマ西郷どん

歴史学者磯田道史に勧められて

見事に書き上げた原作の

最高視聴率は15,5%

 

2018年は、明治維新から150年

 

 

スポンサーリンク



 

討幕、明治政府で大きな役割を果たした西郷隆盛を

主人公にしたNHK大河ドラマ「西郷どん」

 

西郷については、あまりにも立派な幕末の

偉人というイメージでした。

 

今回のNHK大河ドラマ西郷せごどんは、

西郷隆盛がとても生き生きと描かれている。

 

奄美大島で一緒に暮らした愛加那を始めとする

女性たち、大久保利通ら友人たち、

 

西郷に大きな影響を与えた薩摩藩主島津斉彬らが、

人間としての体温が感じられるキャラクターとして

描かれている。

 

西郷については、征韓論で負けて故郷に帰って

行った人、というイメージが強かったのですが、

 

実際にいろいろな資料からさらに「わからない人だなー」

という思いとあまりに器が大き過ぎて、

 

こういう人だな」とおもうと、するりと手の内から

逃げていく。矛盾しているところもありますよね。

 

以外な一面や心に深い秘密のようなものを抱いており、

「まだ掴めていない」と感じました。

 

純真なところがある一方で、いざ幕府を倒そうと決めると、

戦の天才として狡猾こうかつな一面を見せるなど、

様々な面を併せ持つところが魅力です。

 

命かけ国の設計図逆境バネに新時代いったい何が、

西郷の大きさを育んだのでしょう。

 

西郷は12歳の時に、仲間内のいざこざで右の腕を

斬られ、剣術ができなくなります。

 

薩摩の武家に生まれた男の子で剣術ができなくなる

というのは、ものすごく大きな挫折だったと思います。

 

その後も、合わせて5年ほど島に流れたり、

逆境の連続でした。

 

スポンサーリンク

 



 

 

普通ならそれで挫けたりするのですが、

西郷の場合は逆にそれが発奮材料になったように感じました。

 

剣術はできないし、友達はどんどん出世していく。

貧しい上に、きょうだいがたくさんいる。

 

そんな逆境で西郷が挫けたりしなかったのには、

母親の満佐の存在が大きかったと思います。

 

「貧しいことは恥ずかしいことではない」と

教えるわけですよ。薩摩の女性は強いですよね。

 

エリートでもなく、下級武士の出で、長く逆境を

味わってきた男たちが、ものすごい熱量、情熱でもって、

 

幕末という時代を生きて、新しい時代を築き

上げていったということをぜひ知ってもらえればと

思っています。

 

逆境の物語りとして感動的です。

 

幕末・明治という時代に西郷を始め様々な人が

日本という国の設計図を描き、

 

この国に明るい未来をもたらそうと、時には西郷の

ように命まで投げ打って、力を尽くしてきました。

 

そうした先人たちの思いに、150年後、この国で暮らす

私たちがちゃんと応えているかどうかが、

明治の人たちの生命力、人間力を感じられるドラマです。

 

スポンサーリンク



 

まとめ

 

歴史学者の磯田道史さんに、

「女性の目線で西郷を書いてみるとおもしろいのでは」

 

と勧められて林真理子が(矛盾はらむ器の大きさ)を

見事に書き上げた原作、

 

明治維新から百五十年を記念してNHK大河ドラマ

西郷どんが中園ミホさん脚本による

(純真、狡猾こうかつ・・・様々な顔)が

 

2018年1月ドラマがスタートした。

ぜひ幕末の時代を知ってほしいです。

 

WordPress見本市ブログを
最後までお読みいただきありがとうございました

 

コメント

PAGE TOP