チバニアン見学会 現地の写真撮影 civanian kigakuki genchino shamisana

チバニアン見学会 現地の写真撮影

チバニアン見学会の写真撮影  現地まで案内にしたがって向かう途中の参加者

チバニアン見学会 現地の写真撮影 civanian kigakuki genchino shamisana

チバニアン見学会 現地の写真撮影

チバニアン見学会の写真撮影 茨城大学教授 岡田誠教授の現地調査など何度となく現場を訪れたこれまでのご苦労などをお話をされました。現地では参加者に詳しくご説明をして頂きました。


20年前、玄米食でガンが治った人が多かった、指導者は知っている

WordPress見本市ブログです。

出展者を応援しています。

今回は

株式会社 オカヤマをご紹介いたします。

株式会社 オカヤマはこの展示会に4日間出展されました。

脳幹トレーニング研究所で

脳幹トレーニングの方法を教えてくださいました。

スポンサーリンク

 



 

 

玄米食を実行してもガンは治らなくなった

 

現在、玄米食を実行しながらガンで死に逝く人が、非常に多くなっているのです。
その事を知っているのは、玄米菜食の指導者達です。

 

しかし、その事を人に話そうとしません。何故、玄米食を実行しても
ガンが治らないのか解らないからです。

 

でも、玄米菜食が悪いのではありません。

 

病気の治療法には、大きく分けると<食事療法>と<運動療法>があります。
<食事療法>とは、食事の改善を行う事により、疾病を治療する治療の方法であり、
<運動療法>とは、運動すなわち、体を動かす事により、疾病を治療する方法です。

 

今までは、それぞれ<食事療法>を行うだけで病気が治ったり、
<運動療法>を行うだけで病気が治っていたのは事実です。

 

しかし、この20年間に便利な商品が次々に開発され、人間と呼ばれる動物が、
体を動かさない生活になっているのです。

 

人間が動かなくても機械が掃除をし、人間が動かなくても
声だけでスイッチが入り、車の運転も自動運転に変わろうとしています。

 

機械でも、動かさなければ調子が悪くなり動かなくなるように、
人間と呼ばれる動物の体は、動かなければ脳幹機能が低下します。

 

全て、原因があるから結果が生じるのです。その原因に目を向けず、
結果だけを良くしようとしても無駄です。

 

 

スポンサーリンク

 

 



 

 

人間は、動物であるという事を忘れていては、簡単に直る病気も治りません。

 

病気の中でも、生活習慣と呼ばれているガンは、難しい病気ではありませんが、
生活習慣には目を向けず、できてしまったガン細胞だけを取り除く現代医学は、
根本的にガンを治す治療ではありません。

 

アメリカは、20年ほど前から抗ガン剤の使用を止めることによって、
ガン死亡率は低下しています。

 

でも日本では、グラフが示すように、ガン死亡率は上昇の一途です。
20年前まで、ガン死亡率は、日本よりもアメリカの方が高かったのです。

 

抗ガン剤の恐ろしさに、早く気付いてください。

 

【多くの情報に振り回されるのではなく、冷静になって自分自身の頭で考えてください】

健康食品を飲むと、免疫力を上げると言われますが、抗ガン剤を使用すると、
免疫力が低下します。

 

一般的な治療では、病気が治るまでは薬を止めることはありませんが、
抗ガン剤は途中で休むのです。何故でしょうか?

 

抗ガン剤を使用し続けると、どんどん免疫力は低下し続けて死んでしまうからです。
抗ガン剤のを休むと免疫力は回復します。抗ガン剤を使用すると、免疫力は低下します。

 

健康食品を飲むと免疫力は上がるのに対して、抗ガン剤は免疫力が低下するのです。
疑問を感じませんか?

 

高齢のガン患者の場合は、ガン治療をしない人が多いのですが、
ガン治療を受けない人の方が、案外、長生きをしているのです。

 

ガン治療を受けた人が早く死んで、ガン治療を受けなかった人が
長生きしている事実を、どのように解釈しますか?

 

 

スポンサーリンク



 

引用文献

・惚れ惚れウンコの素製造販売
・体幹トレーニング用NKクッション製造販売

株式会社オカヤマ
脳幹トレーニング研究所

代表取締役社長 岡田 恭一 著書

詳しくはこちら

 

WordPress見本市ブログを
最後までお読みいただきありがとうございました。

PAGE TOP