チバニアン見学会 現地の写真撮影 civanian kigakuki genchino shamisana

チバニアン見学会 現地の写真撮影

チバニアン見学会の写真撮影  現地まで案内にしたがって向かう途中の参加者

チバニアン見学会 現地の写真撮影 civanian kigakuki genchino shamisana

チバニアン見学会 現地の写真撮影

チバニアン見学会の写真撮影 茨城大学教授 岡田誠教授の現地調査など何度となく現場を訪れたこれまでのご苦労などをお話をされました。現地では参加者に詳しくご説明をして頂きました。


メタボ改善で長寿に「脳内革命」先祖脳をもっと生かす頭のトレーニング法

こんにちは
WordPress見本市ブログです

私はメタボで成人病でした。「脳内革命」を実行して今は

正常値になりました。

記録的ベストセラー、待望の第2弾が出ました。

その記事をご紹介しますね。

 

 

 

スポンサーリンク



 

 

頭でイメージすればすべてうまくいく

 

私は子どものころからイメージトレーニングをやらされてきました。

祖父はそういう言葉をつかわず

「全部頭の中に絵を描いて組み立てなさい」といっていました。

 

この経験は医学を学ぶようになってからも生かされました。

 

はじめて盲腸の手術をやらせてもらった時、私は先輩から

叱られました。失敗したわけではなく、自分でいうのも

変ですが、あまりに手際がよかったからです。

 

「おまえ、どこかでモグリで切ってただろう」、そういわれました。

もちろん否定しましたが、ウソつけ。

はじめて切って手がそんなにスムーズに動くはずがない

と信用してもらえませんでした。

 

胆石のときも胃ガンのときも、異口同音に先輩から

同じことをいわれました。

 

スポンサーリンク



 

オーソドックスな手術の方法は、その大学のやり方で

覚えさせるのが原則なのです。

 

それを覚えたら、あとは医師免状をもっているので、

アルバイトで外の病院でいくらやってもいいのですが

はじめから外でやるのは認めてくれません。

 

実は私は先輩たちのやり方を見たあと、まだ実際にメスを

もつまえに、イメージトレーニングを繰り返しやっていました。

 

いざ本番に役立つイメージングトレーニング

 

手術の最初から最後まで、頭の中で自分がメスを持っている

姿を克明に思い浮かべる。

 

内臓がぐちゃぐちゃにくっついている場合とか、できるだけ

むずかしい症例を持ち出してきて、そのプロセスを

頭の中で順に追っていくのです。

 

それをやっていたおかげで、いざ本番というときには、

自分がはじめて手術をするとはとうてい思えなかった。

 

それで自分でも驚くくらいうまくいったのです。

そんなわけで私は手術が得意になり、

名指しでオペの依頼がくることも増えました。

 

これまで3千例ほどやったでしょうか。

いまでは忙しくなって回数は激減しましたが、

それでもむずかしい手術になると、

いまだに私にお鉢がまわってきます。

 

もちろん祖父はそんな小手先の技術取得のために、

イメージトレーニングをすすめたわけではなかったようです。

 

私がいちばんいわれたこと、それは[生まれてから死ぬまで、

自分の一生を組み立ててみなさい」ということでした。

 

イメージトレーニングというものは主に右脳で行われる。

 

つまり、右脳を活用することがいかに快感であり、

脳内モルヒネが出て、さらに自分の能力アップに役立つか

ということを知っていただきたかったからなのです。

 

しかも、だれでも自分の夢をイメージすれば、

そのことが可能なのです。

 

それもできるだけ具体的に頭の中で組み立ててみてください。

 

 

スポンサーリンク



まとめ

イメージトレーニングを繰り返しやって全部頭の中に絵を描いて

組み立てることで実際にイメージ通りになる。

普段から訓練すればできるようになる。

そう思ってやれば本番に力が発揮できると確信しました。

大事なことはイメージントレーニンをまず始めることです。

 

300万読者に感銘を与えた記録的ベストセラー‼

これは「脳内革命」の引用文献です。

著者 春山 茂雄 医学博士

 

WordPress見本市ブログを
最後までお読みいただきありがとうございました

 

 

 

PAGE TOP