収入に見合った生き方を!老後は平穏でそこそこの幸せがなによりです

こんにちは
WordPress見本市ブログです

 

 

収入に見合った生き方を

60代後半になれば、誰でも年金生活に入っているでしょう。
年金が、生活費の主な裏付けになる人が多くなるのが一般的です。

もちろん60代70代の初めは体はピンピンで、現役で働いていたり、
経営の現場で頑張っている人は多いに違いありません。

 

私の同級生などを見ても、まだまだ社長業から抜け出せないという人もいます。

 

「おれは80歳まではがんばる」ということで、休日は20キロの自転車走行をこなし、

ゴルフも重ねている人もいますから、

 

このような人からは年金という言葉は聞こえてはきませんが、全体で見れば、

生活費のすべてが年金という人の割合が断然多くなっています。

 

老後の生活は平穏に

 

彼らの年金支給額ですが、社会保障庁の調べによると、年度にもよりますが、

夫が40年間会社に勤めた実績があり、専業主婦の分と合わせますと、

大体は23万円台というのが実情です。

 

スポンサーリンク

 



 

実はこれだけでは、ちょっと贅沢をし、旅行や趣味、

冠婚葬祭が重なると、預金の取り崩しになります。

 

そこで、妻は、まだ元気だし働けるうちは表に出ていたい

ということで、月に6万円くらいの軽いパートに出ている

という例が少なくありません。

 

家で家事ばかりしているよりも、パートに出て、

皆とおしゃべりをしているほうが楽しいというわけです。

 

一方、夫と言えば、たまにゴルフをやり、それ以外のときは

釣りに出かけて、これまた、仲間たちと話に花を咲かせています。

 

中には地域でボランティアに精を出している人もいます。

 

こんな感じのつつがない生き方が理想ではないでしょうか。

 

老後は平穏で、そこそこの幸せがなによりです。

 

 

引用文献

61才から始める 老いても枯れない生き方

著者 日向野 利治

77歳やっさんブログを

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク

 



 

Follow me!

タイトルとURLをコピーしました