チバニアン見学会 現地の写真撮影 civanian kigakuki genchino shamisana

チバニアン見学会 現地の写真撮影

チバニアン見学会の写真撮影  現地まで案内にしたがって向かう途中の参加者

チバニアン見学会 現地の写真撮影 civanian kigakuki genchino shamisana

チバニアン見学会 現地の写真撮影

チバニアン見学会の写真撮影 茨城大学教授 岡田誠教授の現地調査など何度となく現場を訪れたこれまでのご苦労などをお話をされました。現地では参加者に詳しくご説明をして頂きました。


メタボ成人病の改善に「脳内革命」医者は三器のうち薬とメスだけ使う

こんにちは
WordPress見本市ブログです

私はメタボで成人病でした。「脳内革命」を実行して今は

正常値になりました。その本の記事をご紹介しますね。

 

スポンサーリンク



 

医者は三器のうち薬とメスしか使っていない

 

世の中には病気で泣いている人もいますが、

健康すぎて人生のムダ遣いをしている人もけっこういます。

 

かなり年をとっていながら、周囲もあきれるほど健康で

精力に満ち満ちている。

 

それで何をするかというと、ガリガリお金を稼ぐ。

社会的地位を望む。名誉をほしがる。

 

そのことじたいは非難に値しません。

だがそのような人が山の中で遭難したらどうなるか。

彼は自分が必死で手に入れたものがそこでは何一つ

役に立たないことを思い知るはずです。

 

世俗的な成功した人ほど孤独

 

お金や名誉が命よりも大切だと思っている人がいますが、

それが通用する世界は想像以上に狭いのです。

 

山の中で小切手を書いてもだれも受け取ってくれません。

人の十倍、百倍お金を設けても百倍は食べられない。

百倍は生きられないのです。

 

世俗的な成功した人ほど孤独になっていく。

周囲に親身になって話す人がいなくなるからです。

 

サラリーマンでも会社一辺倒でやってくると、

そのときはよくても定年近くになると

「おれはこんなことをしてていていいのだろうか」と

考えるようになるものです。

 

そういう疑問を感じるのは、真に満たされていなかったからでしょう。

そういう生き方がむなしいとはいいません。

 

ただどこかで発想を切り替えないと、もうだめなのではないか。

それというのも世の中が変わってきているからです。

 

 スポンサーリンク



医者に三器あり

 

薬とメスと言葉の三つです。

いまの医療は薬とメスにばかり頼っていますが、

言葉によっても治療はできる

 

言葉の治療とは、その人自身の自然治癒力を引き出すことから、

医者としてもっとも誇りにしてよいことなのです。

 

太極拳では吸気と呼気をよく問題にします。

吸って吐くのを繰り返すのはよくないという考えからです。

呼気も吸気も一回止めるのです。

そうすると血管が広がって代謝がたかまるのです。

 

たとえば吐いているときは、胸の中の血管は広がりますが、

他は収縮してしまいます。

止めたときがいちばんバランスがいいのです。

そのときわるい気が抜けていく。

 

武道などでもこの呼吸法を活用しています。

たしかに太極拳は気功の一つではありますがが、

太極拳イコール気功ではないのです。

気功とは広い概念で、太極拳も他の武道も瞑想も含まれます。

 

自分というものをどうとらえるか、いわば何物にも

とらわれないリラックスした状態に自分をもっていき、

そこから人生を考えるのが気功なのです。

 

だから自分が動かしたいように体を動かすのも気功なら、

楽しいことを考えながら道を歩くのも気功、

世のため人のためになることを考えるのも気功なら、

最愛の妻と一緒にくつろいで散歩するのも気功です。

 

要は自然界のエネルギーにあったリズムで脳内ホルモンの

バランスを整える法が気功なのです。

 

スポンサーリンク



まとめ

人間は一人ひとりが異なる使命をもって生まれています。

それが何か自覚できたとき、脳内にごほうびの脳内モルヒネが出て

このうえない充実感とあくなきバイタリティ、

前向きの考え方をもたらしてくれるのです。

だれが考えても正しい生き方、立派な生き方、

人から非難されることなく楽しく充実した生き方、

そういう生き方をすることが自己実現ということであり、

人間の生まれてきた目的もこれにあるから、至福の喜びを感じられるのです。

 

TV・新聞・雑誌で話題のベストセラー‼

これは「脳内革命」の引用文献です。

著者 春山 茂雄 医学博士

 

WordPress見本市ブログを
最後までお読みいただきありがとうございました
PAGE TOP