チバニアン見学会 現地の写真撮影 civanian kigakuki genchino shamisana

チバニアン見学会 現地の写真撮影

チバニアン見学会の写真撮影  現地まで案内にしたがって向かう途中の参加者

チバニアン見学会 現地の写真撮影 civanian kigakuki genchino shamisana

チバニアン見学会 現地の写真撮影

チバニアン見学会の写真撮影 茨城大学教授 岡田誠教授の現地調査など何度となく現場を訪れたこれまでのご苦労などをお話をされました。現地では参加者に詳しくご説明をして頂きました。


メタボ成人病の改善には「脳内革命」今まで脳の健康が見過ごされていた

こんにちは
WordPress見本市ブログです

私はメタボで成人病でした。「脳内革命」を実行して今は

正常値になりました。その本の記事をご紹介しますね。

 

スポンサーリンク



 

いままで脳の健康が見過ごされていた

 

平均寿命が80歳台になって、人々は「長生きできるようになった」と

いっていますが、人間の寿命は本来、もっと長いのです。

 

東洋医学では「160歳説」というのがあります。

日本のいま125歳とする根拠は、脳の発育し続ける

期間からはじき出した数字です。

 

日本のいま125歳とする根拠は

 

人間の脳はだいたい25歳まで成長する。

脳の成長する期間の五倍が寿命なので、25×5で125歳。

いまの学問レベルでこの線は十分に実現可能な数字なのです。

 

いまいわれているのは、ライフスタイルということです。

なかでも大きいのは食生活で、食べ過ぎや栄養の偏り、

化学物質の影響などで命を縮めている。

 

また夜ふかしとか昼夜逆さまにしたような生活も

バイオリズムをこわしてよくない。

運動不足は体をさびつかせる。

こういうことが盛んにいわれています。

 

しかしいちばん肝心なのは脳なのです。

頭さえしっかりしていて、筋肉があるていどついていれば

100歳を超えてもすべて現役でいられる。

 

脳を考えないで、いくら体を鍛えても食事に気をくばっても、

長生きはできないのです。

長寿のために頭を使えというのは、

プラス発想をすることだったのです。

 

スポンサーリンク



成人病の原因の8、9割がストレス、

プラス発想をすれば脳内モルヒネが出る。

脳内モルヒネが出れば、脳細胞は活性化する。

 

すべてのライフスタイルをそこへ向ければ、

いつまでも若さを保ち、成人病とも縁がなくなるのです。

 

成人病はその原因の8、9割がストレス、

つまり心の問題にかかわっているのに、

西洋医学は病気を起こした局所ばかりに目がいって、

肝心の心の治療をないがしろにしてきたからです。

 

その薬が炎症を止めても他に副作用

 

病変を起こした局所は西洋医学ではいくらでもチェックできるが、

心のほうは判断のしようがなかったからです。

いまはそれができるようになったのです。

 

脳生理学の発達で心の変化はかなりの部分が物質で

説明できるようになったのです。

脳内モルヒネがよく分泌できるような生き方を

すればよいということです。

 

現代医療は胃が炎症を起こせば炎症を止める薬を与える。

その薬が炎症を止めても他に副作用のあることを

承知していながらです。

 

ガンができれば患部を切り取ろうとする。

あるいは放射線で焼き殺そうとする。

なぜできたのかを理解し、その原因をとりのぞかなければ、

またガンができてくるに決まっている。

 

それを承知で改めないのは、いまの医療制度が

病人相手にしかし行われていないからです。

そういう人たちを病気にさせない発想と、

そういう人たちを受け入れる適切な施設です。

 

未病の人たちがくつろぎにくる施設。

「こうすれば病気にならない」という生活指導が

行われると健康問題は自然に解決すると考える。

 

スポンサーリンク



まとめ

加齢とともに、人間が衰えに向かうのはだれにも止められません。

高齢化社会のいま、本当に必要としているのは、そういう人たちが

病気にさせない発想と、そういう人たちを受け入れる適切な施設です。

病気を治しに来るのではなく、未病の人たちがくつろぐ場所

このような施設です。

「こうすれば病気にならない」という生活指導がおこなわれれば、

誰もが抱える健康問題は自然に解決して、

与えられた限界寿命を全うできるようになります。

 

TV・新聞・雑誌で話題のベストセラー‼

これは「脳内革命」の引用文献です。

著者 春山 茂雄 医学博士

 

WordPress見本市ブログを
最後までお読みいただきありがとうございました

 

 

 

 

 

 

 

 

PAGE TOP