チバニアン見学会 現地の写真撮影 civanian kigakuki genchino shamisana

チバニアン見学会 現地の写真撮影

チバニアン見学会の写真撮影  現地まで案内にしたがって向かう途中の参加者

チバニアン見学会 現地の写真撮影 civanian kigakuki genchino shamisana

チバニアン見学会 現地の写真撮影

チバニアン見学会の写真撮影 茨城大学教授 岡田誠教授の現地調査など何度となく現場を訪れたこれまでのご苦労などをお話をされました。現地では参加者に詳しくご説明をして頂きました。


メタボ改善で長寿に「脳内革命」人生は思ったとおりになるのが大法則

こんにちは
WordPress見本市ブログです

私はメタボで成人病でした。

「脳内革命」を実行して今は正常値になりました。

記録的ベストセラー、待望の第2弾が出ました。

その記事をご紹介しますね。

 

 

スポンサーリンク



右脳から情報を引き出すこと

人間の大脳は巨大化したため、右脳と左脳に分かれて、

それぞれ違う役割を担いはじめました。

ところがデカルト以来、人間は左脳中心の「自分脳」の

化け物みたいになってしまった。

たしかに物事を処理していく計算能力とか、

筋肉を動かす活溌な行動力は、左脳系のホルモンを使うしかない。

 

だが、それだけでは幸福な人生や満足はけっして得られない。

それどころか老化は早いし、成人病になる危険が増す。

 

右脳に秘められている、先祖からの遺伝子レベルの情報を

記憶として引き出す。

そうすれば最適生存情報がどんどんひらめくようになる。

 

その一つひとつを取り入れていくことが人生の幸福、

成功のパターンをつかむ最良の方法なのです。

 

遺伝子ができたときから、右脳には私たち人間として行くべき道、

一つのストーリーのようなものがセットされている気がするのです。

 

そこへ向かっていくとき、私たちは最適生存ができる。

そこから外れると「だめだ」というサインが送られる。

病気などはその一つひとつではないでしょうか。

 

 

 スポンサーリンク



本来、病気は自然治癒力でいやされる性質のものです。

道をはずれたときに修正すればそうなるはずなのです。

 

真理、正義、善といった価値観は、右脳が私たちに

教えている道筋であるかもしれません。

 

それに従うとき私たちは守られ、外れると排除される。

宇宙のシステムはそのようになっているのではないでしょうか。

 

宇宙のシステムを創造した存在からみれば、

発達といっても人間のほうはまだまだ稚拙ちせつな存在です。

しかし稚拙ちせつあっても、ときどきハタとそういうことに

気がつく人がいる。その気づいたことを広く知らせたのが、

宗教だったような気がします。

 

宗教の宗という字はサンスクリット語で、「つなぐ」という

意味があるそうです。二つのものをつなぐ。教という字は

教えという意味のほかに「力」という意味もある。

 

つまり「つなぐ力」が宗教の意味です。

 

では何をどうつなぐのか。重力が私たちを地球につなぐ

という解釈も成り立ちます。

つまり私たちは地球上の法則や原理に従って生きていればいい。

そういう生き方をすれば最適生存ができる。

それを教えるのが右脳です。

 

もし右脳が教える方で生きれば、だれもがラクラク生きられるし、

望むことでかなわないことはない。

それくらいのすごいパワーを右脳はもっていると考えられるのです。

 

 

スポンサーリンク



まとめ

文明や科学がどんなに進歩しても、人間の生活に寄与しても、

左脳中心の生き方を転換しないかぎり、人間の幸福度は少しも

上がらないと思うのです。

産業革命以後の世界は生産力が飛躍的に上がり、

それ以前の時代と比べて人々は物質的に豊かになりました。

しかしその分、人間の幸福度が増したかといえば、

増していないのではないでしょうか。

左脳中心でいるかぎり事態は好転しないように思われます。

ではどうしたらいいでしょうか。

一言でいえば「右脳」から情報を引き出すことです。

 

300万読者に感銘を与えた記録的ベストセラー‼

これは「脳内革命」の引用文献です。

著者 春山 茂雄 医学博士

 

 

WordPress見本市ブログを
最後までお読みいただきありがとうございました

 

PAGE TOP