チバニアン見学会 現地の写真撮影 civanian kigakuki genchino shamisana

チバニアン見学会 現地の写真撮影

チバニアン見学会の写真撮影  現地まで案内にしたがって向かう途中の参加者

チバニアン見学会 現地の写真撮影 civanian kigakuki genchino shamisana

チバニアン見学会 現地の写真撮影

チバニアン見学会の写真撮影 茨城大学教授 岡田誠教授の現地調査など何度となく現場を訪れたこれまでのご苦労などをお話をされました。現地では参加者に詳しくご説明をして頂きました。


メタボ成人病の改善には「脳内革命」納豆こそ日本が生んだ最高の食品

こんにちは
WordPress見本市ブログです

私はメタボで成人病でした。「脳内革命」を実行して今は

正常値になりました。その本の記事をご紹介しますね。

 

スポンサーリンク



 

日本が生んだ納豆は最高の食品

 

数ある食品の中で脳細胞の活性化に役立つこと思はれるのが納豆です。

納豆は日本が生んだ最高の自然食品といってもよいと思います。

 

昔の精進料理に豆腐、麩、湯葉など大豆の加工品が多いのも、

納豆の素晴らしさと一脈通じるものがあります。

 

大豆はもっとも良質な植物性のタンパク質であり、

しかも安価で手に入りやすいものです。

味噌もそうですが、大豆を使った食品は、アミノ酸バランスにすぐれ、

脳内モルヒネの材料として最適なものです。

 

とくに米飯との組み合わせは、米に少ないアミノ酸を大豆がもち、

大豆に足りないアミノ酸を米がもっていることから、

お互いに欠点を補って最高のアミノ酸バランスになるのです。

 

鳥、豚、牛などの臓物類は、焼き鳥の材料ですが、

食べ方や素材によってバラツキがあるものの、

おしなべて活性酸素をやっける素材となるものです。

 

 

スポンサーリンク



緑茶も納豆とならんでよいものです

緑茶の電位はゼロですが、これに近いところで緑茶に

ややまさるのがクロレラがなぜいいかというと、

ふつう植物というのは、太陽光線にさらされて大量の

活性酸素を発生させるわけです。

 

最近、人間もあまり日光浴するなといわれていますが、

それくらい紫外線は生命体に危険なものです。

だが植物はそのエネルギーを利用して光合成を行うので、

太陽光線を浴びないわけにはいかない。

 

それで、みずからが太陽光線にあたっても枯れない

防衛機能をつくり出した。

その秘密は葉緑素にあり、葉緑素の塊がクロレラなのです。

クロレラは老化をおさえ若さを保ちます。

 

緑茶も同じ原理で抗酸化食品としておすすめできます。

また緑黄色野菜も緑黄色野菜も抗酸化ビタミン

(ビタミンC、A、E)がとれるので、新鮮なものを

上手に調理して食べるとよいでしょう。

 

あと健康食品関係ではローヤルゼリーなども推薦できるものです。

 

スポンサーリンク



まとめ

納豆は脳細胞の活性化に役立つ食品の筆頭にあげられます。

日本の生んだ最高の食品といってよいでしょう。

最近、人間もあまり日光浴するなと言われていますが、

それくらい紫外線は生命体に危険なものです。

だが植物はそのエネルギーを利用して光合成を行うので、

太陽光線を浴びないわけにはいかない。それで、

みずからが太陽光線にあたっても枯れない防衛機構をつくり出した。

その秘密は葉緑素にあり、葉緑素の魂がクロレラなのです。

クロレラは頭髪を黒々と保てて若さも維持でき老化予防にもいいです。

 

TV・新聞・雑誌で話題のベストセラー‼

これは「脳内革命」の引用文献です。

著者 春山 茂雄 医学博士

 

WordPress見本市ブログを
最後までお読みいただきありがとうございました
PAGE TOP