チバニアン見学会 現地の写真撮影 civanian kigakuki genchino shamisana

チバニアン見学会 現地の写真撮影

チバニアン見学会の写真撮影  現地まで案内にしたがって向かう途中の参加者

チバニアン見学会 現地の写真撮影 civanian kigakuki genchino shamisana

チバニアン見学会 現地の写真撮影

チバニアン見学会の写真撮影 茨城大学教授 岡田誠教授の現地調査など何度となく現場を訪れたこれまでのご苦労などをお話をされました。現地では参加者に詳しくご説明をして頂きました。


メタボ成人病の改善に「脳内革命」1日最低5千歩右脳を働らかせて歩く

こんにちは
WordPress見本市ブログです

私はメタボで成人病でした。「脳内革命」を実行して今は

正常値になりました。その本の記事をご紹介しますね。

 

スポンサーリンク



 

一日最低5千歩、右脳をはたらかせて歩く

 

人間の体は25歳でだいたい発育が完了し、

以後は老化へと向かいます。

 

ほうっておけば脳細胞は一日十万個のペースで死んでいき、

筋肉も衰えはじめます。

 

何より社会人として忙しいために、体を鍛える

暇がなくなります。

 

歩きながら瞑想すると三倍も四倍もの効果

 

いちばん簡単でだれでもできる方法を紹介します。

それは一日最低でも五千歩をノルマとしていますが、

最低でも五千歩は必要です。

 

これを励行すれば、目的はほぼ達成できます。

歩くときは瞑想します。

瞑想というのは、何も横になってリラックスするとか

座禅を組むのがすべてではない。

歩きながらでもできるのです。

 

むしろ歩きながらのほうが三倍も四倍も効果があります。

そのときどんなことを考えるのか。

自分の夢や希望や計画について考えるのです。

右脳が盛んにはたらくからです。

α波は右脳優位で出てきます。

 

その右脳をはたらかせるには左脳を黙らせる必然が

ありますが、歩くことが左脳を黙らせるのに効果的なのです。

左脳が黙ってくれると、右脳から知恵が湧いてきます。

 

左脳を黙らせてα波は右脳優位

 

じっと座ったままの瞑想がいいという人もいますが、

じっとしているとあまりよい知恵は浮かんでこのいものです。

かえって雑念がでてくる。

だからそういうときは自分の大好きなことを考えるのです。

 

何か創造的なことや本当の英知というものに出会うには、

動きながらの瞑想にかぎります。

 

スポンサーリンク



 

体を動かして左脳を黙らせ、あらゆる記憶の宝庫である

無意識のメッセージに耳を傾ける。

 

そこでは個人の経験した過去のいっさいの記憶と

DNAに刻まれた先祖の知恵がないまぜになって、

ときにとてつもない着想が生まれることにもなるのです。

 

そういう境地に入っていくときの脳波がα波であり、

そのとき脳内モルヒネがふんだんに出ていることを

最近の医学は証明してみせたのです。

 

スポンサーリンク



まとめ

一日最低5千歩、右脳をはたらかせて歩くと筋肉を衰えさせないで

脂肪をよく燃やせる最高の健康法です。

動きながら左脳を黙らせてα波の右脳優位の瞑想すればいいのです。

 

 

TV・新聞・雑誌で話題のベストセラー‼

これは「脳内革命」の引用文献です。

著者 春山 茂雄 医学博士

WordPress見本市ブログを
最後までお読みいただきありがとうございました
PAGE TOP