脳内革命,ビジネス戦士が早死にするのはなぜか

私はメタボで成人病でした。「脳内革命」を実行して今は

正常値になりました。その本の記事をご紹介しますね。

 

スポンサーリンク



 

ビジネス戦士が早死にするのはなぜか

世の中をよくするために人類はいろいろな宗教や哲学思想を

作り出しましたが、自然も含めて地球上のあらゆる生命体と

「共生しょう」という考え方を唱える人が

だんだん増えてきました。

 

スポンサーリンク



 

これからの世の中のあり方を考えるとき、

これはなかなか斬新で魅力的なアイデアだと思います。

 

実際、私たちが意欲的に仕事をしていると、

脳がひじょうに活性化してドーパミンという

ホルモンがふんだんに出てきます。

 

ドーパミンは意欲を起こさせるホルモンです

 

ドーパミンというのは人間に意欲を起こさせる

ホルモンですが、出過ぎるとエネルギーを

使いすぎて早死にしてしまうのです。

 

昔から偉いお坊さんは高いレベルで世の中を見とおし、

人を感化する力をもっていました。

そしていつの時代にあっても相当な長生きをしています。

 

長生きなのは脳内モルヒのおかげ

 

彼らの生き方、考え方を調べてみると、脳内モルヒネ系を

駆使したとしか思えないことがたくさんあります。

 

また、悟りを開いたような人が一般的にいって

長生きなのはなぜでしょうか。

それは病気に強かったということですが、

これも脳内モルヒのおかげなのです。

 

こういう人なら、たとえひどいエイズ菌をもらっても、

ふつうの人のようには発病しないでしょう。

 

免疫力が高く自然治癒力も強力なはずだからです。

 

スポンサーリンク

 



まとめ

ドーパミンは人間に意欲を起こさせるホルモンですが、

あまりエネルギーを使いすぎないようにコントロール出来れば

良いのですが過ぎるとよくないのです。

これも脳内モルヒが関係してくるようです。

免疫力が高く自然治癒力も強力な身体づくりを考えるとが大事です。

 

TV・新聞・雑誌で話題のベストセラー‼

これは「脳内革命」の引用文献です。

著者 春山 茂雄 医学博士

 

コメント

PAGE TOP