チバニアン見学会 現地の写真撮影 civanian kigakuki genchino shamisana

チバニアン見学会 現地の写真撮影

チバニアン見学会の写真撮影  現地まで案内にしたがって向かう途中の参加者

チバニアン見学会 現地の写真撮影 civanian kigakuki genchino shamisana

チバニアン見学会 現地の写真撮影

チバニアン見学会の写真撮影 茨城大学教授 岡田誠教授の現地調査など何度となく現場を訪れたこれまでのご苦労などをお話をされました。現地では参加者に詳しくご説明をして頂きました。


「チバニアン」早わかりガイド 地質時代名に(千葉県市原市)

お知らせ

こんにちは
WordPress見本市ブログです

 

チバニアンは地磁気逆転地層

 

千葉県が今一番話題のチバニアン市原市田淵の地層を

ご紹介させていただきます。

 

 

スポンサーリンク



 

 

マンモス存在、地磁気反転期

(2017年11月14日読売新聞記事より)

 

地質学上の時代名で、約77万~12万6000年前が、
「千葉の時代」を意味する「チバニアン」と命名される
見通しとなった。

 

茨城大学岡田誠教授

 

国際組織「国際地質化学連合」の作業部会による投票で
、千葉県市原市にある地層がイタリアの候補を抑え、
時代を代表する基準地に選ばれました。

小湊鉄道月崎駅からチバニアンまでの案内図

https://goo.gl/maps/RsgNu7g9zQPXzfHEA

 

今後の審査で決定されれば、

地質時代に初めて日本の地名が加わる。

 

千葉の地層由来

 

地質時代は、地球のN極とS極が入れ替わる地磁気の反転や
生物の大量絶滅などを境に、115に区分される。

同連合学が時代を代表する地層を「国際標準模式地」として
1か所選び、時代名を決める。

 

スポンサーリンク



 

チバニアン現地風景

 

今回の時代は最適な地層が決まっておらず、名前がなかった。

国立極地研究所など日本のチームは、市原市の「千葉セクション」と

呼ばれる地層に、この時代の特徴を示す地磁気反転の

痕跡があるなどとして、今年6月、国際標準模式地とするよう

同連合に申請「チバニアン」の命名案を発表した。

 

ただ、イタリアのチームも、同国2か所の地層を申請。

 

近くの海の名にちなむ「イオニアン」を主張していた。

関係者によると、今月上旬までに行われた作業部会の

投票で、日本が6割以上の票を集めた。

 

チバニアン現地参加者

今後、同連合の二つの委員会と理事会による3段階の審査があるが、

これまで覆った例はほとんどないという。

最終的な決定は来年になる見込み。

研究チームの岡田誠・茨城大教授(古地磁気学)は

「チバニアン誕生に向けて大きな一歩だ。

 

今後の審査の行方を見守っていきたい」と話している。

 

スポンサーリンク



 

まとめ

 

都心から(67,6㎞)と高速道路を約1時間半位で着く距離にある。

これから周辺の整備が必要ですが、

千葉県の観光名所としても大きく期待されるところです。

 

月崎駅は国の有形文化財

私はチバニアン地磁気逆転地層見学会に参加して月崎駅に降りて

率直にだいぶ年数が経っている駅だなあと感じたました。

小湊鉄道月崎駅の開業は大正15年9月1日

 

月崎駅本屋とプラットフォームは国の登録有形文化財に登録されている。

あとで、その歴史が分かりましたので記事にしました。

 

月崎駅前風景写真

月崎駅の住所:〒290-0547千葉県市原市月崎539
月崎駅TEL:0436-21-6771
月崎駅開業:1926年(大正15年)9月1日

引用文献
読売新聞  社会・地域

WordPress見本市ブログを
最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

コメント

PAGE TOP