チバニアン見学会 現地の写真撮影 civanian kigakuki genchino shamisana

チバニアン見学会 現地の写真撮影

チバニアン見学会の写真撮影  現地まで案内にしたがって向かう途中の参加者

チバニアン見学会 現地の写真撮影 civanian kigakuki genchino shamisana

チバニアン見学会 現地の写真撮影

チバニアン見学会の写真撮影 茨城大学教授 岡田誠教授の現地調査など何度となく現場を訪れたこれまでのご苦労などをお話をされました。現地では参加者に詳しくご説明をして頂きました。


「チバニアン」早わかり、知っておくべき国の天然記念物

お知らせ

こんにちは
WordPress見本市ブログです

千葉県今一番話題のチバニアンをご紹介します。

 

小湊鉄道月崎駅

小湊鉄道月崎駅からチバニアンまでの案内図

https://goo.gl/maps/sJJuNA6LeCFNHKMr5

スポンサーリンク



 

 

天然記念物に国指定へ具申すると発表した。

2018年1月10日市原市教育委員会が地質学上の時代名になる

見通しとなった「チバニアン」の根拠となる市原市田淵の

地層について、

国の天然記念物指定に向けた意見具申書を、

1月下旬にも文部科学省に提出する方針を発表した。

 

茨城大学岡田誠教授

 

見学者に対応するため、地層と臨時駐車場を

結ぶシャトルバスの運行を延長することも決めた。

市原市教育委員会は、国の天然記念物指定を目指し、

2016年から県教育委員会などと協議を進めてきた。

2017年10月には、地層の保全と学術的な活用方法について

検討する委員会を設置。

 

 

スポンサーリンク



 

 

地質学者らの意見を踏まえ、天然記念物として保護する範囲や

研究用の試料採取の規制方法などがまとまったため、

意見具申書の提出が決まった。

指定されれば、周辺施設などの整備費用の一部を国の補助金で賄え、

文化財保護法にのっとった地層の保全にも取り組めるという。

市教育委員会ふるさと文化課によると、命名の見通しとなった。

 

2017年11月以降、見学者が急増。年末年始も1日300人以上が

訪れたことから、土日祝日に運行する無料シャトルバスを

1月末まで延長する。

 

市原市田淵の地層

臨時駐車場や仮設トイレの設置、警備員の配置なども続けるという。

小出譲治市長は「地層は世界的にも貴重な市の大きな財産。

市原市が活性化する起爆剤になるように整備を進め、

天然記念物への指定を待ちたい」と話している。

 

 

スポンサーリンク



 

 

まとめ

臨時駐車場や仮設トイレの設置や

警備員の配置などの整備が必要になります。

土日祝日に運行する無料シャトルバスも

見学者に対応するため、

これからも続けるか検討すべきことである。

チバニアン現地参加者の見学風景

チバニアン見学会

WordPress見本市ブログを
最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

PAGE TOP