チバニアン見学会 現地の写真撮影 civanian kigakuki genchino shamisana

チバニアン見学会 現地の写真撮影

チバニアン見学会の写真撮影  現地まで案内にしたがって向かう途中の参加者

チバニアン見学会 現地の写真撮影 civanian kigakuki genchino shamisana

チバニアン見学会 現地の写真撮影

チバニアン見学会の写真撮影 茨城大学教授 岡田誠教授の現地調査など何度となく現場を訪れたこれまでのご苦労などをお話をされました。現地では参加者に詳しくご説明をして頂きました。


「チバニアン」早わかり、チバニアン年代表 を公開しました

お知らせ

 

 

こんにちは
WordPress見本市ブログです

 

 

 

地磁気逆転地層調査跡、見学者通路は狭いので気をつけてください。

 

地磁気逆転地層壁のような所、調査跡です

「チバニアン年代表」を日本地質学会が公開しました。

2020年2月28日に日本地質学会が発表しました。

地質学者らでつくる国際的な学術団体「国際地質科学連合」は、
地球の誕生から現在までの46億年に及ぶ歴史を地質時代ごとに並べた年代表に、
「チバニアン(千葉時代)を書き加え更新しました。

地磁気逆転地層ツアー参加者ここは少し登り坂になります

年代表の日本語版をネット上で公開しました。

 

日本地質学会は年代表の日本語版をつくり、27日にネット上で公開しました。

年代表は「国際年代層序表」と呼ばれ、学者らが学術論文などを書く際の国際標準だ。

世界各地の地層を調べた成果を基に、同連合がそれぞれの地質時代を代表する
地層を決め、地層のある地名などから時代の名称を付けている。

 

地磁気逆転地層を見学中のツアー参加者の写真撮影風景

 

市原市の地層に(地磁気)の反転の痕跡が残っていたのです

年代表にはこれまで、約77万4000~約12万9000年前の中期更新世と呼ばれれる
地質時代に、地名などにちなんだ名称がついていなかった。

しかし、千葉県市原市の地層には約773000年前に起きた地球の磁気(地磁気)
の反転の痕跡が残っており、同連合の理事会は先月、中期更新世の始まりを
代表する地層だと認定した。

 

地磁気逆転地層見学者通路は狭い道ですよ

年代表を使い、地学教育に力を入れていきたい

日本の研究チーム代表するの岡田誠・茨城大学教授(古地磁気学)は
「チバニアンの名前が記載された年代表を使い、地学教育に力を入れていきたい」
と話した。

 

 

年代表は同学会のホームページはこちら⇒http://www.geosociety.jp/

月崎駅は国の有形文化財:駅開業(大正15年)9月1日

私はチバニアン地磁気逆転地層見学会に参加して月崎駅に降りて
率直にだいぶ年数が経っている駅だなあと感じたました。
小湊鉄道月崎駅本屋とプラットフォームは国の登録有形文化財に
登録されている。ことが後でその歴史が分かりましたので
記事にしました。

 

月崎駅風景写真

月崎駅の住所:〒290-0547千葉県市原市月崎539
月崎駅TEL:0436-21-6771
月崎駅開業:1926年(大正15年)9月1日

小湊鉄道月崎駅からチバニアンまでの案内図

こちら⇒https://goo.gl/maps/PF6rHq331iN5N4tdA

引用文献
読売新聞  社会・地域

WordPress見本市ブログを
最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 
PAGE TOP