チバニアン見学会 現地の写真撮影 civanian kigakuki genchino shamisana

チバニアン見学会 現地の写真撮影

チバニアン見学会の写真撮影  現地まで案内にしたがって向かう途中の参加者

チバニアン見学会 現地の写真撮影 civanian kigakuki genchino shamisana

チバニアン見学会 現地の写真撮影

チバニアン見学会の写真撮影 茨城大学教授 岡田誠教授の現地調査など何度となく現場を訪れたこれまでのご苦労などをお話をされました。現地では参加者に詳しくご説明をして頂きました。


「チバニアン」 早わかり、今世界から注目されています。       

お知らせ

こんにちは
WordPress見本市ブログです

 

今一番話題のチバニアンをご紹介させていただきます。

千葉県が今一番話題のチバニアンを

ご紹介させていただきます。

小湊鉄道月崎駅からチバニアンまでの案内図

https://goo.gl/maps/RsgNu7g9zQPXzfHEA

 

 

スポンサーリンク



 

 

選ばれて、ほっとしたチバニアン続編

チバニアンと命名するまでに、大変苦労した
ことを研究チームは話している。

茨城大学教授岡田誠教授は講演でチバニアンが
「選ばれて、ほっとした。」と話した。

岡田教授(52歳)は「チバニアン」
(ラテン語で「千葉の時代」)の研究者として

講演を千葉市内で行い、立ち見も出る盛況で、
約860人が聞き入った。

岡田教授は「地球の歴史は地層に記録されている」
と語り、

地磁気の反転を示した地層がある房総半島の
特徴などを解説された。

講演ではチバニアンについてライバルの
イタリヤ、チームに勝つためにデータを

補強した経緯を説明されました。

茨城大学教授岡田誠教授

 

スポンサーリンク



 

 

「(国際地質化学連合の)投票で選ばれて、
ほっとした。」とお話しをされました。

名称を巡るエピソードも披露し、「千葉時代」を
ラテン語に当てはめると「チビアン」となるため、

「千葉」と「時代」の間に「の」を加え、
「チバニアン」と語間が良くなるようにした

と明し、「苦肉の策だったが、結果として
盛り上がった」とお話をされました。

お知らせ

題目:研究者招き、地層から学ぶ

講演: 研究チーム代表
茨城大理学部教授
岡田誠

日時:3月31日(土)午後1時間半~3時

場所:船橋ららぽーとセンター

お問合せは、船橋ららぽーとセンター
☎047-434-1125

また、4月から3回連続の講座でチバニアン
について学びます。

 

 

スポンサーリンク



 

 

【4/22(日)25/27(日)6/24(日)】

上記の4月22日は、チバニアン地層の現場を尋ねます。
他は、ららぽーとセンターでの講演となります。

月崎駅は国の有形文化財:駅開業(大正15年)9月1日

私はチバニアン地磁気逆転地層見学会に参加して月崎駅に降りて
率直にだいぶ年数が経っている駅だなあと感じたました。
小湊鉄道月崎駅本屋とプラットフォームは国の登録有形文化財に
登録されている。ことが後でその歴史が分かりましたので
記事にしました。

 

月崎駅風景写真

月崎駅の住所:〒290-0547千葉県市原市月崎539
月崎駅TEL:0436-21-6771
月崎駅開業:1926年(大正15年)9月1日

引用文献
読売新聞  社会・地域

WordPress見本市ブログを
最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

コメント

PAGE TOP