便秘は、健康に良くない、惚れ惚れウンコの素で日々健康を実感

 

こんにちは
WordPress見本市ブログです。

私の便秘はこれで解消しましたその方法とは

 

 

スポンサーリンク



 

 

善玉菌の占有率を高めて免疫力をアップ!

 

私は健康に関する勉強を始めて40年になりますが、多くの人たちと
接する中で感じたのは、例えば玄米食を考えてみても体に良いと
知っていても実行できない人が圧倒的に多いことでした。

 

営業関係の仕事でお客様と一緒に食事をする機会が多くて、
自分だけ別のものを食べることができないという人もいますし、
意思が弱くて長続きしない人もいます。

 

様々な理由で、食生活の改善をしたくてもできないという人でもこれだけを
飲んでいれば健康が保持できるという商品であるなら、意思の弱い人でも
実行できるし、喜んで頂けるのではないかと思ったのです。

 

 

スポンサーリンク

 



 

40代で死亡している人の半数がガンで死んでいるという事実を考えれば、
定年退職まで病気にならないという保証はありませんし、

 

食生活の改善をしなくても健康保持ができるという商品は、
多くの人が求めている商品であると思ったのです。

 

だから横着な人でも実行できる簡単で美味しい健康法として
30年前に【惚れ惚れウンコの素】という商品を開発したのです。

 

最初は、説明しなくても良い商品名にと思って【場内環境改善食品】にして
いたのですが、飲むと太くてナギナタのように長い長い一本物で、
思わず頬ずりしたくなる、

 

惚れ惚れするようなウコンが出るのですと説明をしていたことから、
自然な成り行きで現在のような商品名になったのです。

 

飲めば、商品名のことが理解できますよ。

 

大切な便りで、病気の予知はできる

 

【惚れ惚れウンコの素】の販売を始めたころから急に腸内環境が重要で
あると言われはじめ、最近では腸内環境と免疫力について、或は、
腸管粘膜における粘膜免疫のことが言われ始めているのです。

 

ウンコを大便といいますが、大切な便りということであり、毎日の大切な
便りを見ていれば簡単に病気の予知ができるのです。

 

動物園の動物が病気にならないと言われるのは、飼育係が毎日ウンコの
掃除をしますので、少しでもウンコが変になると、その時点で獣医に
報告して処置していますので、大きな病気になり難いということです。

 

地震の予知は難しいですが、病気の予知は毎日の便りを見ていれば簡単なのです。

 

腸管免疫と粘膜免疫について、

 

現代医学の治療概念では、既に起きている病気への対処が中心ですので
白血球など体内の免疫システムのことが言われていました。

 

最近では治療医学から予防医学へと、流れが大きく変化していますので、
腸管免疫とか粘膜免疫の言葉を聞くようになったのです。

 

免疫とは病気を防ぐ為には、有害な物を食べないようにします。

 

一番最初に働く免疫機能は、体内の免疫システムである五感です。
まず見てかいで味見して、食べてよいかどうかを判断します。

 

胃を通過してしまったら、腸管で下痢症状を引き起こし素早く排泄します。

 

免疫の80%を腸管に依存していると言われますが、胃腸管は、
口から肛門までパイプが通っているような構造で、胃腸管内は、
内なる外と言われるように体外なのです。

 

そして腸管から栄養が体内に吸収されることから
分かるように腸管は体外から体内への入口なのでです。

 

だから絶対に体内へ有害物を入れれないように「最後の砦」として、
免疫細胞などの免疫機能が腸管内に集中しているのです。

 

スポンサーリンク



 

 

引用文献

・惚れ惚れウンコの素製造販売
・体幹トレーニング用NKクッション製造販売

株式会社オカヤマ
脳幹トレーニング研究所

代表取締役社長 岡田 恭一 著書

詳しくはこちら

 

見本市ブログを
最後までお読みいただきありがとうございました。
(自由テキスト)
(自由テキスト)
(自由テキスト)
お得に契約!期間限定でQUOカード1万円プレゼント!
(自由テキスト)
(自由テキスト)
月額1,000円(税別)で、毎月世界の絵本をご家庭にお届けします。

Follow me!

タイトルとURLをコピーしました