病気は自分で治せる、漢方薬が自己治癒力を高める働きます

 
 

スポンサーリンク



漢方薬のよいところ

ただ、薬の中にも例外があります。

それが中医(漢方)処方薬です。

普通の漢方薬は、生薬といえどもそれなりに副作用があります。

しかし中医処方薬は、熟練した中医師が診察をして
(専門的てきには「証をみる」と言います)、

その人に合った生薬の組み合わせを処方するのですが、

この場合に限っては、薬が自己治癒力を高める方向に働きます。

この中医は、なかなかのものだと思います。

僕は西洋医学で教育を受けてきましたが、

40歳を越え、中医に出会い、学び始めました。

この中医はまさに自己治癒力をたかめよう、自己治癒力を

高めることによって病気を治そうという考え方に立っています。

スポンサーリンク



このモットーこそが、

ガンをはじめとする慢性疾患には不可欠なのです。

この中医を日本の医療に組み入れるだけでも、

日本の医療は格段に改善されると思います。

なぜこんな簡単なことが即座にできないのか?

不思議に思うと同時に、ぜひ近いうちに、日本の医療の枠組みの一つとして

中医が取り入れられるよう、手立てを考えている今日この頃です。

皆さん、ぜひお力をお貸し願えないでしょうか。

スポンサーリンク



読者に感銘を与えたベストセラー

これは「9割の病気は自分で治せる」の引用文献です。

著者  岡本 裕  医学博士

 

まとめ

漢方薬の重要性

ガンをはじめとする慢性疾患にはこの中医を医療に

組み入れるだけでも、日本の医療は格段に改善されると

著者の岡本裕医学博士が訴えておられます。

 

 

 

 
 
PAGE TOP