チバニアン見学会 現地の写真撮影 civanian kigakuki genchino shamisana

チバニアン見学会 現地の写真撮影

チバニアン見学会の写真撮影  現地まで案内にしたがって向かう途中の参加者

チバニアン見学会 現地の写真撮影 civanian kigakuki genchino shamisana

チバニアン見学会 現地の写真撮影

チバニアン見学会の写真撮影 茨城大学教授 岡田誠教授の現地調査など何度となく現場を訪れたこれまでのご苦労などをお話をされました。現地では参加者に詳しくご説明をして頂きました。


病気は自分で治せる 健康法 増え続ける、おいしい患者

こんにちは
WordPress見本市ブログです

私はメタボで高血圧の成人病でした。

血圧の薬はコレステロール値が必ず上がり

動脈硬化を招きますので、

薬を飲まずに正常値にできました。

 

 

スポンサーリンク



カテゴリー1は医者とは縁がないもの

悲劇のヒロインの病名には決してなれない喜劇の病気、

すなわちカテゴリー1の未病は、本来ならば医者とは

縁のないものです。

 

しかしながら、本当の病気の扱いがあまりに小さく、

医者の技術料があまりにも低く設定されている

現代の医療制度の下では、不本意ながらも、

医者はカテゴリー1にかかわらざるを得なくなります。

 

これが、「おいしい患者」が誕生する理由です。

 

おいしい患者、近頃よく耳にする言葉だと思いますが、

よく知らない方のために、簡単に説明しておきましょう。

 

おいしい患者とは、カテゴリー1なのに、

不用意に医者にかかる方を指します。

 

医者にとって、そういう方たちは大変「おいしい」のです。

 

スポンサーリンク



なぜなら、適当におどしたりすかしたりしておくだけで、

素直に検査を受け続け、薬をのみ続け、

ずっと通い続けてくれる上得意客だからです。

 

しかも、ふいに死んでしまうこともまずありませんので、

お客として減ることもありません。

 

したがって、おいしい患者をそれなりに囲っておけば、

クリニックや病院の経営も安泰です。

 

だから今は、おいしい患者の争奪戦となっているのです。

 

このように、医者だけに都合のいい患者さんのことを

おいしい患者と世間では呼んでいるのです。

 

政府もメデアも自己治癒力で喜劇の病気が治ってしまうなんて、

おそらく口が裂けても明言することはないでしょう。

 

しかも日本人は、おおよそ薬や医者が大好きですので、

おいしい患者は、残念ながら増え続ける一方です。

 

おいしい患者自身が、自分がおいしい患者だと気づかない限り、

これからもおいしい患者は増え続けるでしょう。

 

そうなればなるほど、医療費は高騰し、医者不足に拍車がかかり、

本当の病気の人が丁寧に診てもらえないという、

 

僕らの思惑とはまったく反対の環境になっていく

ばかりなのです。

 

 

スポンサーリンク



まとめ

日本人は、薬や医者に診てもらえば安心だと考える人が多いです、

いわゆる医者に頼りすぎてしまうのです。

近所のかたで、かかりつけの医者から何年も降圧剤の処方薬をもらい

続けて飲んでいた方がある日突然脳梗塞で倒れて

歩行困難になってしまいました。

そうなるとかかりつけ医ではどうしょうもないため救急搬送

で大きな病院に入院です。

今まできちんと飲んだ薬の副作用だろうかと思ってしまいます。

 

 

 

読者に感銘を与えたベストセラー

これは「9割の病気は自分で治せる」の引用文献です。

著者  岡本 裕  医学博士

 

WordPress見本市ブログを
最後までお読みいただきありがとうございました
PAGE TOP