チバニアン見学会 現地の写真撮影 civanian kigakuki genchino shamisana

チバニアン見学会 現地の写真撮影

チバニアン見学会の写真撮影  現地まで案内にしたがって向かう途中の参加者

チバニアン見学会 現地の写真撮影 civanian kigakuki genchino shamisana

チバニアン見学会 現地の写真撮影

チバニアン見学会の写真撮影 茨城大学教授 岡田誠教授の現地調査など何度となく現場を訪れたこれまでのご苦労などをお話をされました。現地では参加者に詳しくご説明をして頂きました。


早寝早起きは、肥満の予防にもなりますし、最高のダイエットです。

(自由テキスト)          (自由テキスト)

こんにちは
WoredPress見本市ブログです。

今回は私が読んで衝撃を受けた

2013年ベストセラーランキング第一位菊池寛賞受賞

書籍のご紹介をします。

 

 

 

早寝早起きは最高のダイエット

早寝早起きの医学的な効用は、まず朝日を浴びることで自律神経の
働きが活発化し、体内時計もリセットされること。

自律神経は消化器、血管系、内分泌腺、生殖器など生命活動の
ライフラインを支えていますから、これはとても大切です。

もうひとつ、人間の体温は明け方に最も低くなり、そこから日中、
夕方かけて上昇して、夜になると下がっていきます。

体温が上がり始めるときに起き、体温が下がり始めるときに寝る。

この習慣は体の「上げ潮、引き潮」に乗って、自律神経だけでなく免疫、
ホルモンなど体のすべての機能を、最も無理なく快適に働かせます。

スポンサーリンク

 



成長ホルモンは睡眠中に分泌される。

たとえば、全身の細胞の新陳代謝を促す成長ホルモンなどの
各種ホルモンは、睡眠中、とりわけ24時前後によく分泌されます。

毎日この時間帯に熟睡していると、骨や筋肉を丈夫にしたり、肌を修復したり、
病気やケガがの回復を順調にするはずです。

早寝早起きするだけで、肥満の予防にもなります。

二つの自律神経のうち、交感神経は、体を活発に動かす昼間に働いて、
摂った栄養を効率よくエネルギーに変えます。

代わって夜になると副交感神経が優位になって体を休息モードにし、
「栄養を体内にたくわえる」方向に働きます。

早く寝てしまうと、夜、食べない。だから、余分な脂肪を体に
ためこまないですみます。

 

(自由テキスト)
引用文献

第60回菊池寛賞受賞者

2013年ベストセラーランキング第一位

医者に殺されない47の心得
医療と遠ざけて、元気に、長生きする方法

著者  近藤 誠

WordPress見本市ブログを
最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

 




カッコいい体を作るパーソナルジムPleate
(自由テキスト)
Dr. トレーニング | 都内10店舗で〈世界トップレベル〉のパーソナルトレーニング コース新規入会申込
(自由テキスト)
(自由テキスト)
(自由テキスト)
(自由テキスト)
(自由テキスト)
(自由テキスト)(自由テキスト)(自由テキスト)(自由テキスト)(自由テキスト)

PAGE TOP