チバニアン見学会 現地の写真撮影 civanian kigakuki genchino shamisana

チバニアン見学会 現地の写真撮影

チバニアン見学会の写真撮影  現地まで案内にしたがって向かう途中の参加者

チバニアン見学会 現地の写真撮影 civanian kigakuki genchino shamisana

チバニアン見学会 現地の写真撮影

チバニアン見学会の写真撮影 茨城大学教授 岡田誠教授の現地調査など何度となく現場を訪れたこれまでのご苦労などをお話をされました。現地では参加者に詳しくご説明をして頂きました。


メタボ成人病の改善には「脳内革命」筋肉をつける運動と脂肪を燃やす運動

こんにちは
WordPress見本市ブログです

私はメタボで成人病でした。

「脳内革命」を実行して

今は正常値になりました。

その本の記事をご紹介しますね。

 

スポンサーリンク




 

筋肉をつける運動と脂肪を燃やす運動のちがい

 

やせたいという願望は、最近は男女を問わずに強いようです。

 

肥満が成人病のもとであることを考えれば、これはよい傾向なのですが、

一つ大きな誤解があるようです。

脂肪が燃えるのは、ゆるやかな運動

 

これは「運動で脂肪を減らせる」と素朴に信じていることです。

だが誤解のないようにいっておけば、

パワートレーニングをしても、脂肪はほとんど燃えません。

 

脂肪がもえるのは、ゆるやかな運動をしたときだということです。

 

筋肉の動かし方には2通りある

 

一つは筋肉をつける運動、

もう一つは脂肪を燃やす運動、

これはまったく種類が違うのです。

 

筋肉をつける運動がパワートレーニングです。

重いバーベルをあげたりするのがそれです。

 

スポンサーリンク



 

これに対しジョギング、ウオーキングのように、

運動としては軽いが長い時間をかける運動が

脂肪を燃やす運動です。

 

なぜ激しい運動では脂肪を燃えないのか。

理屈は簡単なことです。

 

脂肪が燃えるためには酸素がたっぷり必要なのですが、

激しい運動では、運動のために酸素が動員されて

しまっているので、脂肪が燃えようがないのです。

 

したがって百メートルの全力疾走では

脂肪はいっさい燃えません。

 

だから肥満防止が目的ならば、つらい運動など

あまりやり過ぎないことです。

 

そんなことをしても効果がないばかりか、

活性酸素の害を引き出すだけです。

 

脂肪を燃やす運動はウオーキング

 

いい呼吸をしながら、楽な運動を長時間やると、

酸素がたっぷり供給され、脂肪はどんどん燃えてくれます。

 

脂肪を燃やす運動として最適なのはウオーキングです。

ゆるやかな運動は脳内モルヒネも分泌させます。

これが運動そのものを心地よいものにしてくれる。

 

食事をしてから少し休憩して、それからウオーキングをすると、

多少の食べ過ぎであっても、脂肪はどんどん燃えてくれます。

 

なおウオーキングの量は一日トータルで一万三千歩が目安です。

日常的にも歩きますから、ウオーキングでは

八千歩から一万歩でよい場合もあります。

 

トータル一万三千歩というのは、アメリカの

病院で障害を起こした患者にウオーキングをさせたとき、

一万歩では再発事例が出たが、一万三千歩ではでなかったことから、

一日の目安がこの線ではないかといわれて

いることが根拠になっています。

 

脂肪を燃やす運動で余分な脂肪はなくなり、

血液の循環がよくなって成人病と無縁で

いられることになります。

 

スポンサーリンク



まとめ

1日1万3000歩歩くと筋肉を衰えさせずに脂肪をよく燃やせるので、

最高の健康法です。また

そのときに瞑想めいそうを加えればなお身体や脳に最高の健康法といえます。

 

TV・新聞・雑誌で話題のベストセラー‼

これは「脳内革命」の引用文献です。

著者 春山 茂雄 医学博士

 

WordPress見本市ブログを
最後までお読みいただきありがとうございました

 

 

PAGE TOP