チバニアン見学会 現地の写真撮影 civanian kigakuki genchino shamisana

チバニアン見学会 現地の写真撮影

チバニアン見学会の写真撮影  現地まで案内にしたがって向かう途中の参加者

チバニアン見学会 現地の写真撮影 civanian kigakuki genchino shamisana

チバニアン見学会 現地の写真撮影

チバニアン見学会の写真撮影 茨城大学教授 岡田誠教授の現地調査など何度となく現場を訪れたこれまでのご苦労などをお話をされました。現地では参加者に詳しくご説明をして頂きました。


脂肪燃やすダイエット法「脳内革命」筋肉をつけて脂肪を燃やせば体重激減

こんにちは
WordPress見本市ブログです

私はメタボで成人病でした。

「脳内革命」を実行して今は正常値になりました。

記録的ベストセラー、待望の第2弾が出ました。

その記事をご紹介しますね。

 

スポンサーリンク



体重激減の治療例のご紹介

Hさん、男性、27歳、身長158,3㎝、体重89,2㎏、

2年来の慢性肝炎の患者さんで、全身倦怠感、

無気力で会社も休みがちだった。

 

約2週間入院し、定番の食事療法、メデイカル・マッサージ、

ストレッチ、瞑想を行ってもらったところ、顕著な改善を見せた。

 

慢性肝炎の人に、医者はふつう食事療法と安静を指示します。

 

食事は「高タンパク食、アルコールは避ける」が基本で、

安静のほうは「仕事はほどほどに。調子がわるければ休みなさい。

運動はいけません」といった調子です。

 

こうした指示はごく一般的で、私のところのように運動療法を

取り入れているところはほとんどないと思います。

 

しかし肝炎の場合、急性は別にして、慢性になったら少しずつでも

体を動かした方がいい結果が出るのです。

 

特徴的なのは中性脂肪がケタ外れに多いことでした。

中性脂肪の正常値は150です。上はプラス100、すなわち250が限度で、

300台になったら大騒ぎになります。

それが1000を超しているのですから、いかにすごいかおわかりだと思います。

 

食事療法、ストレッチ、瞑想、それとメディカル・マッサージを行いました。

それだけで2週間たつと中性脂肪は253と約四分の一まで落ちたのです。

 

正常値から見るとまだ高い水準ですが、これだけ落ちると

肝炎もだいぶよくなってきます。

 

スポンサーリンク



脂肪率もまだ不十分ですが、50台から40台に入っている。

退院後の自己管理さえうまくやってもらえば、

肝炎の自覚症状で悩まされることはほとんどなくなります。

問題は退院後、どこまで自己管理ができるかです。

 

アルコールの好きな人で、それもチャンポンで飲むくせをもっていました。

飲み始めはワインかビール、

それから日本語酒に移って仕上げはウイスキーかワイン。

こういう飲み方がいちばんよくありません。

まずストレッチで筋肉をつけてもらいます

それからウオーキングで脂肪を燃やす。

食事療法でカロリー制限をしていますから、

この三つのメニューでおもしろいように脂肪は減っていきます。

 

われわれの病院では室内自転車を使うと、画面に心拍数が出るので、

これを用いて自分の脂肪の燃えやすい心拍数を

体で覚えてもらうようにしています。

 

年齢が若くなるほど激しい運動でも脂肪は燃え、

加齢につれて穏やかな運動でないと燃えなくなります。

 

スポンサーリンク



まとめ

脂肪が燃えにくいというのは勘違いなのです。

脂肪くらい燃えやすいものはないのです。もともと脂なのですから

一定の発火点までもっていってやればメラメラとよく燃える。

体の中でもこれと同じです。

ではどうやって体の中で燃えやすい状態にするかですが、

筋肉の中へ中性脂肪を持ち込んでいったら、脂肪はどんどん燃えていきます。

そのためにストレッチで筋肉をつけることです。

それからウオーキングで脂肪を燃やす食事療法でカロリー制限

みるみるうちに脂肪は減っていくのです。

 

300万読者に感銘を与えた記録的ベストセラー‼

これは「脳内革命」の引用文献です。

著者 春山 茂雄 医学博士

 

WordPress見本市ブログを
最後までお読みいただきありがとうございました
PAGE TOP