チバニアン見学会 現地の写真撮影 civanian kigakuki genchino shamisana

チバニアン見学会 現地の写真撮影

チバニアン見学会の写真撮影  現地まで案内にしたがって向かう途中の参加者

チバニアン見学会 現地の写真撮影 civanian kigakuki genchino shamisana

チバニアン見学会 現地の写真撮影

チバニアン見学会の写真撮影 茨城大学教授 岡田誠教授の現地調査など何度となく現場を訪れたこれまでのご苦労などをお話をされました。現地では参加者に詳しくご説明をして頂きました。


メタボ成人病の改善には「脳内革命」α波が出る瞑想はどうすればいい

こんにちは
WordPress見本市ブログです

私はメタボで成人病でした。「脳内革命」を実行して今は

正常値になりました。その本の記事をご紹介しますね。

 

 

スポンサーリンク



 

α波が出る瞑想はどうすればいいのか

 

本当のことをいえば瞑想こそが東洋医学の中心思想であり、

これができれば、脳内モルヒネもα波も筋肉も血管も、

すべてが解決してしまう。瞑想の効力はそれくらいすごいものなのです。

瞑想とは何か

では瞑想とは何か。世間一般では禅やヨガなどと

くっいた瞑想を本当の瞑想と思っているようです。

だが東洋医学でいう瞑想とは、それほど型にはまったもの

ではなく、まして「頭を空にする」というむずかしい

ものでもありません。

 

自分が「きもちがいい」と感じることを思い浮かべるのも

瞑想なのです。

 

スポンサーリンク



 

とえばた高齢の方でしたら自分のお孫さんのことを考えたり、

自分の最愛の人について考えるのも瞑想のうちです。

 

すごく感激したこと、美しい景色のこと、趣味のこと、

音楽、絵画などの芸術から川のせせらぎや野鳥のさえずり、

潮騒、風の音、人によっては空港や港の騒音も、

気持ちよくなる材料になります。

 

瞑想の目的は脳波をα波にすること

 

α波が出るようなことはみんな瞑想の材料なのです。

瞑想の目的は脳波をα波にすることです。

α波が多くなってくると、脳内モルヒネが出てきます。

 

だんだん慣れてくると、瞑想中には自分の思ったとおり

のものになれるようになる。

これはひじょうに幸福感をもたらすもので、

それが味わえるようになると、病みつきになってきます。

 

人間の体はひじょうにいまくできていて、体の中には

生きるのに必要なものはすべてそろっているのです。

 

薬が必要なときは体内製薬工場から必要量だけ

ちきんと供給されますし、

体を正しく動かしていれば、めったなことではこわれたりしません。

 

東洋医学の素朴な治療というものは、そういう

人間が本来もっている能力をとことん生かすものであり、

自分でどうしても生かしきれないとき、

 

それを引っ張りだしてくる技術が指圧療法や瞑想、

そして呼吸法なのです。運動と食事と瞑想によって、

かなりの部分まではそれは可能なのです。

 

また、それは糖尿病にかぎらず、消化性潰瘍、高血圧、

痛風、高脂血症、脂肪肝、ガンなどの予防と治療に

かなりの効果があります。

 

スポンサーリンク



まとめ

普段の生活では筋肉を落とさないように1日5000歩は歩くようにして

脳内モルヒネを出すことです、指圧や瞑想、運動と食事、

呼吸法おこなうことで糖尿病や、消化性潰瘍、高血圧、痛風、

高脂血症、脂肪肝、ガンなどの予防と治療にはかなりの効果があります。

 

TV・新聞・雑誌で話題のベストセラー‼

これは「脳内革命」の引用文献です。

著者 春山 茂雄 医学博士

 

WordPress見本市ブログを
最後までお読みいただきありがとうございました
PAGE TOP