チバニアン見学会 現地の写真撮影 civanian kigakuki genchino shamisana

チバニアン見学会 現地の写真撮影

チバニアン見学会の写真撮影  現地まで案内にしたがって向かう途中の参加者

チバニアン見学会 現地の写真撮影 civanian kigakuki genchino shamisana

チバニアン見学会 現地の写真撮影

チバニアン見学会の写真撮影 茨城大学教授 岡田誠教授の現地調査など何度となく現場を訪れたこれまでのご苦労などをお話をされました。現地では参加者に詳しくご説明をして頂きました。


公的介護の受け方、家族介護で精神ストレスや病気になるのは本末転倒

こんにちは
WordPress見本市ブログです

 (自由テキスト)

 

公的な介護の受け方

 

介護は家庭で頑張り過ぎないことも大切です。
介護者が病気になったり、精神的ストレスで
「いっぱい」になっては、本末転倒ですから。

家族が介護を受けなければならないような状態になって、
介護を受けたいと考えるときは、
まず、家族が自治体の「介護保険課」に申請しましよう。

もし、一人暮らしなどで申請ができないときは、
居宅介護事業者や介護施設に申請の代行をしてもらいます。

申請をすると、自治体から委託を受けた調査員が自宅などを訪問し、
心身の状況などについて、本人と家族などから聞き取り調査を行い、
調査結果はコンピュータで一次判定がなされます。

この際に、主治医に心身の状況についての意見書を作成してもらいますが、
主治医がいないときは、自治体が認定した医師の診断を受けます。

次に、コンピュータ判定の結果と、訪問調査の特記事項、
医師の意見書をもとに「介護認定審査会」で審査が行われ、
「要介護状態区分」の判定が行われます。

介護認定審査会の審査は次のようになります。

 

①非該当(自立)。

この人は身体の虚弱は見られるが、
介護保険のサービスが受けられない人です。

②要介護。

これは施設入所するほど症状は重くないということです。
そのために、施設での介護サービスは受けられませんが、
短期間のショートステイは利用できます。

③要介護1~5までの区分。

この人に認定結果通知書と、
認定結果が記載された「保険証」が届けられます。
介護を受ける人は、認定結果をもとにして、

居宅介護事業者に依頼して、介護支援専門員(ケアマネージャー)に
心身の状況にあった介護サービス計画を作成してもらいます。

スポンサーリンク

 



依頼する事業者が決まったら市区町村役場に
「居宅サービス計画書作成依頼届出書」を提出します。

ただ、施設に入所して利用する人は、サービスを利用する人は、
サービス費用の1割を自己負担します。

ただ、高額になった場合は、一定金額を超えた分は
「高額介護サービス費」として支給されます。

 

 

引用文献

61才から始める 老いても枯れない生き方

著者 日向野 利治

 

WordPress見本市ブログを
最後までお読みいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク

 



 (自由テキスト)
(自由テキスト)

PAGE TOP