チバニアン見学会 現地の写真撮影 civanian kigakuki genchino shamisana

チバニアン見学会 現地の写真撮影

チバニアン見学会の写真撮影  現地まで案内にしたがって向かう途中の参加者

チバニアン見学会 現地の写真撮影 civanian kigakuki genchino shamisana

チバニアン見学会 現地の写真撮影

チバニアン見学会の写真撮影 茨城大学教授 岡田誠教授の現地調査など何度となく現場を訪れたこれまでのご苦労などをお話をされました。現地では参加者に詳しくご説明をして頂きました。


メタボ成人病の改善には「脳内革命」体の中の脂肪量で寿命が決まる

こんにちは
WordPress見本市ブログです

私はメタボで成人病でした。「脳内革命」を実行して今は

正常値になりました。その本の記事をご紹介しますね。

 

 

スポンサーリンク



体の中の脂肪量で寿命が決まる

細胞が元気でいるためには、脳内モルヒネがよく出て、

毒性ホルモンが抑制されているだけでいいかというと、

ことはそう簡単にはすまないのです。

 

あと少しこのことに関連して知ってほしいことがあります。

 

脳だけの重量というのはだいたい1・4・キロ、

体重60キロの人でいえば、

わずか2・3%くらいの重量しか占めていません。

 

しかし姿形は小さいが、消費している血流とか

酸素量をみると、全体の15%から20%を占めている。

それだけ酸素と血流の持つ意味が大きいということになります。

 

いつもいい酸素がたっぷりあって、よい血流が流れていて、

脳内モルヒネが分泌されている状態ではじめて脳細胞は活性化して、

体に対して最高最良の状態を指令することができる。

血管が目詰まりを起こすのは脂肪

 

もしどれかが不足すると、すぐにその影響が出てくる。

その中でひとつたいへん怖いのは血管の目詰まりなのです。

 

血流を阻害する血管の目詰まりは、ノルアドレナリンの

分泌によって血管収縮が起き、血小板がこわれてカサブタを

つくることが原因です。

 

血管の目詰まりは脂肪も大きな要因

 

血管が目詰まりを起こすのは脂肪も大きな要因になってきます。

 

 

スポンサーリンク



脂肪が燃えるのは筋肉の中

 

筋肉が脂肪とどう関係するかというと、

脂肪が燃えるのは筋肉の中でしかないのです。

 

つまり筋肉がしっかりしている人は、同じ量の

脂肪を食べても、すぐに燃えてなくなる。

 

筋肉の少ない人は燃えないで体脂肪として蓄積されるのです。

 

筋肉をつけるためには、かなり激しい運動量を

こなさなければならないので活性酸素の発生率が高くなります。

 

したがって筋肉のついている人はそれを落とさないようにして、

ゆるやかな運動をすると脂肪がどんどん燃えてくれます。

 

筋肉を落とさない運動はストレッチ体操などのあまり

激しくない運動にとどめておくのが理想です。

 

逆に筋肉が極端に少ない人は体脂肪が多くても太って見えません。

 

だから安心してしまいがちですが、

血管の目詰まりは見た目と関係なく襲ってきます。

 

筋肉の極端に少ない人は、パワートレーニングなどによって一定量の

筋肉をつけておかないと、成人病の危険が高く、長生きできないのです。

 

 

スポンサーリンク



まとめ

脂肪は人間が食べる食物の中で一番おいしいものなのです。

美味しいものを食べると脳内モルヒネがふんだんに出るので

その点ではプラスなのですが、

一方で必ず血管の目詰まりの原因をつくります。

脂肪摂取は少ないにこしたことはないのですが、

悪いからといって「はいそうですか」と食べるものを止められる

わけではありません。

無理して止めれば毒性ホルモンの出番になります。

ではどうするか、筋肉をしっかり保てば良いのです。

筋肉の中でしか脂肪は燃やせないのです。

 

TV・新聞・雑誌で話題のベストセラー‼

これは「脳内革命」の引用文献です。

著者 春山 茂雄 医学博士

 

WordPress見本市ブログを
最後までお読みいただきありがとうございました

 

PAGE TOP