チバニアン見学会 現地の写真撮影 civanian kigakuki genchino shamisana

チバニアン見学会 現地の写真撮影

チバニアン見学会の写真撮影  現地まで案内にしたがって向かう途中の参加者

チバニアン見学会 現地の写真撮影 civanian kigakuki genchino shamisana

チバニアン見学会 現地の写真撮影

チバニアン見学会の写真撮影 茨城大学教授 岡田誠教授の現地調査など何度となく現場を訪れたこれまでのご苦労などをお話をされました。現地では参加者に詳しくご説明をして頂きました。


メタボ成人病の改善には「脳内革命」筋肉をつければ病気にはならない

こんにちは
WordPress見本市ブログです

私はメタボで成人病でした。「脳内革命」を実行して今は

正常値になりました。その本の記事をご紹介しますね。

 

スポンサーリンク



筋肉をつければ病気にはならない

 

①成人病の原因のほとんどが脂肪がらみである。

ストレスと脂肪、この二つが重なったら病気

ゾーンに入ってくる。

 

②筋肉量さえ減らさなければ脂肪の毒にやられない。

 

③ノルアドレナリンやアドレナリンは最大の血管収縮物質である。

これをたくさん出すと血管が収縮するだけでなく、

血管に目詰まりが生じてくる。

 

④コンスタントにサラサラとした血流を確保するためには、

しっかり筋肉をつけることが必要だ。

筋肉が第二の心臓の役割をしているからだ。

 

⑤セックスが終わってすぐに寝てしまうから疲労をもち越す。

他の運動でもそうだが、使った筋肉を徐々にゆるめて

いくのが疲れないコツである。

 

⑥筋肉も肺も脳もどんな場合でもポンと止めてしまわないこと、

これが活性酸素の被害を受けないコツである。

 

⑦30代以降の人間が筋肉を減らさないためには体操系統の運動がいちばんだ。

ストレッチ体操が適当。この体操はふだん使うところに意味がある。

 

⑧筋肉には筋緊張性繊維というのがあり、これは脳の視床下部という

ところにつながっているので、この筋肉が刺激されると、

脳内モルヒネが出ていい気持ちになる。

運動する人が運動中に幸福感に満たされるのは、

この筋肉を使うからである。

 

スポンサーリンク



 

⑨体を鍛えて筋肉もしっかりついているのに、体育系が早死にするのは、

それだけ活性酸素の害が大きいということである。

文科系と理科系では文科系のほうがやや

長すぎるが、理科系は論理計算などで左脳を

使うことが多いためと思われる。

 

⑩一日一万三千歩歩くと筋肉を衰えさせずに脂肪をよく燃やせる。

最高の健康法であり、そのとき瞑想すればなおよい。

 

⑪東洋医学は伝統的に、血液をサラサラと流すことを得意にしてきた。

それが指圧法であり、気功と呼ばれる健康法である。

とくに深呼吸と体操によって体内の気と血のめぐりを

よくする気功は、成人病予防にきわめて効果的である。

 

⑫東洋医学は脳内モルヒネを出す医学だが、その指標として使えるのが脳波である。

脳波がα波になれば脳内モルヒネが出る。

しかし現実の生活では脳波をα波にできる機会に恵まれない人もいる。

そういう人間のために人工的に脳波をα波にできる機械もある。

 

⑬ふだんの生活の中で脳細胞を守り、筋肉量を落とさないことは可能である。

いちばん簡単でだれにでもできる方法は歩くことである。

歩くと脳内モルヒネがよく出る。最低でも一日五千歩は

必要である。

 

スポンサーリンク



まとめ

成人病は脂肪が原因です脂肪を燃やして未病を目指すには歩いて

筋肉を落とさないようにすることです。

東洋医学は伝統的に、脳内モルヒネを出す医学だが深呼吸や体操で

体内の気と血のめぐりを良くする気功は成人病予防にきわめて効果的です。

 

TV・新聞・雑誌で話題のベストセラー‼

これは「脳内革命」の引用文献です。

著者 春山 茂雄 医学博士

 

WordPress見本市ブログを
最後までお読みいただきありがとうございました

 

PAGE TOP