チバニアン見学会 現地の写真撮影 civanian kigakuki genchino shamisana

チバニアン見学会 現地の写真撮影

チバニアン見学会の写真撮影  現地まで案内にしたがって向かう途中の参加者

チバニアン見学会 現地の写真撮影 civanian kigakuki genchino shamisana

チバニアン見学会 現地の写真撮影

チバニアン見学会の写真撮影 茨城大学教授 岡田誠教授の現地調査など何度となく現場を訪れたこれまでのご苦労などをお話をされました。現地では参加者に詳しくご説明をして頂きました。


メタボ成人病の改善には「脳内革命」脳内モルヒネに役立つ食事がある

こんにちは
WordPress見本市ブログです

私はメタボで成人病でした。「脳内革命」を実行して今は

正常値になりました。その本の記事をご紹介しますね。

 

 

スポンサーリンク



脳内モルヒネに役立つ食事がある

筋肉に続いて脳細胞の活性化に重要なのは食生活です。

「心で考えることはきちんと物質化されて体に作用する」物質で

あるかぎりはそれを構成する材料が必要になってきます。

 

その材料が食事ということになります。

いま日本は裕福な国ですから食べるものが

ないという心配はありません。

むしろ食べ過ぎの心配をしなければならない。

 

スポンサーリンク



タンパク質は20種類のアミノ酸からできています

 

しかし、たんに食事量を減らすのはたいへんな間違いなのです。

カロリーはおさえなければなりませんが、脳内モルヒネの

ためには高タンパクの食事が絶対に必要になってきます。

 

というのは脳内モルヒネの構成材料はタンパク質といってよいからです。

タンパク質は20種類のアミノ酸からできています。

 

食事から摂取されたタンパク質は体に入ると、いったんアミノ酸に

分解され、それから体の構成材料や酵素として再合成される。

 

20種類のうち8種類の必須アミノ酸は外から

取り入れないと体の中ではつくれない。

 

タンパク質は食いだめできません

 

さらに脳内モルヒネをたくさん出せば、それだけ材料を

早く使ってしまいます。

 

毎日の食事で良質のタンパク質はをきちんと摂取することが

脳細胞の活性化には不可欠といえます。

 

体の中のホルモンは、いまのところ百数十種見つかっています。

 

ホルモンはアミノ酸が数十個つながったタンパク質の一種ですから、

食事から摂取するタンパク質が質量ともに不十分では、

いくらプラス発想をしても

脳内モルヒネが不足することになってしまいます。

 

チロシンというアミノ酸が重要な役割

 

脳内モルヒネと呼ばれるホルモン物質は全部で20種類が

知られていますが、そのいずれもチロシンという

アミノ酸が重要な役割を果たしています。

 

チロシンがないと脳内モルヒネ系のホルモンはつくれません。

 

チロシンは必須アミノ酸ではありませんが、いくら体内で

合成できるといっても、それはあくまで材料あってのこと。

 

高タンパクの食事でつねに材料を補う必要があります。

 

高タンパクの食事が重要な理由がこれでおわかりになるはずです。

 

スポンサーリンク



まとめ

脳内モルヒネをよく分泌させる食生活のポイントは

①良質なタンパク質(アミノ酸)を食べること

②血管の目詰まりを防ぐこと

③ 活性酸素を中和する

心で考えることはチキンと物質化されて体に作用する物質が

あるかぎりはそれを構成する材料が食事ということになります。

 

TV・新聞・雑誌で話題のベストセラー‼

これは「脳内革命」の引用文献です。

著者 春山 茂雄 医学博士

 

WordPress見本市ブログを
最後までお読みいただきありがとうございました

 

PAGE TOP